クラスター分析とは?今回は、クラスター分析について説明してみましょう。

クラスター分析とは、似たもの同士を集めてグルーピングして、その似たものを分析するためのフレームワークです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

そもそも「クラスター」という言葉は、もともとは果物の房、あるいは塊、群れ、集団というような意味を持つ英単語です。同じようなものが密集している様子を表すときに使います。一番身近なものとしては葡萄の房が分かりやすいところでしょう。

世の中には様々なものが存在し、似ているものもあれば異なったものもあります。それを区分して、科学的に分析することが、特にマーケティンリサーチという面で、有用性が見られたことから「クラスター分析」は生まれました。

特に、商品やサービスを提供する側からすると、売れ筋のものの分類、影響を与えるイメージワードやイラスト、消費者の好みの傾向分析、あるいは消費者そのものをセグメントすることで効果的な分析が可能になります。

スポンサーリンク

その結果、消費者の視点で物事を発見することが出来たり、市場で欲しがる新商品や新サービスの発見につなげることができるというわけです。

このクラスター分析では、階層別クラスター分析非階層クラスター分析といった2つのアプローチの仕方があります。

階層別クラスター分析は、ほぼ似たものをくくって一つのクラスターとして捉えていくもので、最初に小さなクラスターまとめて、いくつかにして、それら小クラスター同士で、似たものので中クラスターを作り、さらに中クラスターの集合で大クラスターを作り上げます。

体系的階層的に捉えることができるので、相互のクラスターの相関関連や影響関係、あるいは反発関係などを掴み切ることが可能になります。ただ、似たものが多すぎると、掴まえ所がなくなるという欠点はあります。

その階層別クラスター分析の欠点をカバーしようというのが、非階層別クラスター分析です。非階層別クラスター分析には、いろいろなアプローチ方法がありますが、たとえば、あらかじめクラスター範疇を決めておいて、その範疇毎に情報などを集めて、その結果クラスターごとの特徴や相違を分析するという方法です。

分析する対象物がたくさんあるようなときには、非階層別クラスター分析の方法の方が有効性が高いということで頻繁に使われます。しかし、分析者の主観でクラスター範疇が決まってしまうということになるので、分析者の力量如何で大きなぶれが生じるという欠点もあります。また、どのくらいの数量のクラスターを用意するかによって成果に差が出てしまうというところもありますので注意が必要です。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

本日のおすすめ記事はこちら

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 桶狭間の戦い|勝因・敗因
    桶狭間の戦い 今川義元の敗因 桶狭間の戦いは、1560年6月12日に行われた今川義元軍と織田信…
  2. 第二次長州征伐|長州藩の勝因と幕府軍の敗因
    第二次長州征伐 長州藩の勝因 第二次長州征伐とは、徳川幕府が長州藩の討伐に乗り出した江戸時代後…
  3. 鳥羽伏見の戦い|勝因・敗因
    鳥羽伏見の戦い 旧幕府軍の敗因 鳥羽伏見の戦いとは、新政府軍が勝利して、旧幕府軍が敗退すること…
  4. ゲティスバーグの戦い|勝因・敗因
    ゲティスバーグの戦い 南軍の敗因 ゲティスバーグの戦いとは、1836年7月1日から7月3日にか…
  5. 関ヶ原の戦い|勝因・敗因
    関ヶ原の戦い 東軍の勝因 関ヶ原の戦いとは、1600年10月21日に現在の岐阜県関ヶ原町で行わ…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    彼を知り己を知れば百戦危うからず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた…
  2. 孫子の兵法
    孫子の五事 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
  3. 孫子の兵法
    勝つべからざる者は守なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書で…
  4. 孫子の兵法
    戦いは正を以って合い、奇を以って勝つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  5. 孫子の兵法
    善く戦うものは、勝ち易きに勝つ者なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
ページ上部へ戻る