トラファルガーの海戦|スペイン・フランス連合艦隊の敗因

トラファルガーの海戦|イギリス海軍の勝因とフランス・スペイン連合艦隊の敗因

トラファルガーの海戦|スペイン・フランス連合艦隊の敗因トラファルガーの海戦は、1805年にスペインのトラファルガー岬沖で行われた海戦です。

この当時、ヨーロッパ大陸はナポレオン一世を皇帝に擁するフランス帝国の支配下にありました。ナポレオンはイギリス本土への侵攻を計画していましたが、イギリスは制海権を手にしており、海上封鎖を行うことによって本土進攻を防いでいました。

1805年9月、ナポレオンはイングランドへの侵攻中止を決断し、その矛先をオーストリアに向けます。ナポレオンはオーストリア攻撃の支援作戦としてフランス・スペイン連合艦隊にナポリ攻撃を命じます。この命令を受けたスペイン・フランス連合艦隊はカディスを出撃しましたが、この艦隊を監視していたネルソン提督率いるイギリス地中海艦隊は、スペイン・フランス連合艦隊の撃破にむかいます。

ネルソン提督のイギリス艦隊は、旗艦『ヴィクトリー』を中心とする27隻の布陣。一方のスペイン・フランス連合艦隊は33隻と戦力的には優位に立っていました。この戦力的不利を覆すべく、ネルソン提督は敵の隊列を分断するために敵艦隊の右わき腹に2列の縦隊で突入する『ネルソン・タッチ』と呼ばれる戦法を使用しました。

海戦が始まった時点では、スペイン・フランス連合艦隊は北方向に曲がる陣形であり、イギリス艦隊は作戦通りにその左わき腹に突入。激しい海戦の結果、スペイン・フランス連合艦隊は撃沈1隻、捕獲18隻、人的被害は戦死4000人、捕虜7000人と甚大な被害を受け、指揮していたヴィルヌーヴ提督も捕虜となりました。一方のイギリス艦隊は、指揮していたネルソン提督が海戦の最中に敵艦からの狙撃によって戦死したものの、失った艦船は0隻、戦死400人、戦傷者1200人でした。

このようにトラファルガーの海戦ではイギリス海軍が一方的に勝利し、スペイン・フランス連合艦隊は壊滅という結果に終わりました。

スポンサーリンク

スペイン・フランス軍の敗因とは、やはり『連合』艦隊であったということにあります。
フランス海軍だけならまだしも、スペイン海軍が混ざってしまい、いわゆる『寄せ集め』の状態になってしまった結果、指揮系統が複雑になってしまい、指揮や錬度が低下してしまったのです。

艦載砲の射速もイギリス艦隊が1分30秒に1発なのに対して、3分に1発と遅く、全ての面においてイギリス艦隊に劣っていました。結果、艦艇数は優位だったにもかかわらず、このような一方的な敗北となってしまったのです。もしもフランス海軍だけで編成された艦隊であれば、イギリス艦隊の一方的勝利はあり得なかったと言えるでしょう。少しでも有利に戦いを進めるべく、スペイン艦隊を組み込んだことがナポレオンにとっての敗因となってしまったのです。

このトラファルガーの海戦での敗戦は、ナポレオン戦争自体の一大転機にはなりませんでしたが、これ以降イギリスは完全に制海権を手にすることになったのです。

日本・世界の主要な戦いの勝因・敗因がここに・・・

次は「戦いの勝因・敗因一覧」を見てみる

スポンサーリンク

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い、残りのシェアを多くの中小企業…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最も単純な戦闘を指すものとなってい…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いていることでしょう。しかし思いだけで…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされるのが「一騎打ち」です。 ランチ…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦は日露戦争における最後であり最大の会戦です。 大日本帝国陸軍(24万人)・ロシア帝国軍…
  2. 西南戦争|勝因・敗因
    戦争で勝敗を決める要因として、戦力と指揮官の能力があります。 西南戦争は薩摩士族と政府軍が戦い…
  3. 鳥羽伏見の戦い|勝因・敗因
    鳥羽伏見の戦いとは、新政府軍が勝利して、旧幕府軍が敗退することとなった戦いです。その後の戊辰戦争の始…
  4. 官渡の戦い|勝因・敗因
    官渡の戦いは、中国の三国志の時代、曹操軍と袁紹軍が戦った戦いです。この戦では兵力的に大きく劣っていた…
  5. 木崎原の戦い|勝因・敗因
    木崎原の戦いは、1572年に九州で起きた島津氏と伊東氏の間の戦いです。約十倍の兵力を相手にした島津軍…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
  2. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
  3. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
  4. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
  5. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
ページ上部へ戻る