ファクトチェックとは?最近、ファクトチェックという言葉を聞くことが増えてきました。ファクトチェックとは、報道や発言内容が事実かどうか確かめることで、日本語に訳すと「事実確認」という意味になります。

ビジネスにおいて文書などの記載内容に間違いがないかを確認することもファクトチェックと呼びますが、最近では特に、政治的な報道において、政治家の発言とメディアの報道内容が事実誤認や意図的な誇張などを含まず事実であるかを確かめることを称して「ファクトチェック」と呼ぶことが多くなっています。

インターネット、特にSNS(ソーシャルメディア)の発達によって、事実とは異なるデマや捏造記事を容易に発信し、拡散することが可能となっており、2016年に行われたアメリカ大統領選において選挙結果に大きな影響を与えたと検証されています。

スポンサーリンク

日本でも、インターネット大手 DeNA(ディー・エヌ・エー)が運営するまとめサイトにおいて不正確な記事が問題化したことも記憶に新しく、ファクトチェックの重要性は世界的に高まっていると言えるでしょう。

この流れを受け、インターネット検索最大手である Google社でも、自身が運営するインターネット検索やインターネットニュースにおいて、第三者のファクトチェッカーによるファクトチェックを行うことが発表されましたが、ファクトチェッカー自体の中立性と信頼性をどう担保するのか、など問題は山積しています。

我々、情報を受け取る側としては、誤った情報や捏造記事を見抜く力(情報リテラシー)を高めていくことが自らを守ることになるでしょう。

スポンサーリンク

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされるのが「一騎打ち」です。 ランチ…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最も単純な戦闘を指すものとなってい…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です。 弱者ならばランチェスター…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い、残りのシェアを多くの中小企業…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 赤壁の戦い|勝因・敗因
    赤壁の戦いは中国の後漢末期、いわゆる“三国志時代”に起きた戦いです。 魏の曹操が率いる大軍に対…
  2. 鳥羽伏見の戦い|勝因・敗因
    鳥羽伏見の戦いは、慶応4年、明治元年に開始された旧幕府勢力の終焉を決定づける戊辰戦争の口火となった戦…
  3. 鳥羽伏見の戦い|勝因・敗因
    鳥羽伏見の戦いとは、新政府軍が勝利して、旧幕府軍が敗退することとなった戦いです。その後の戊辰戦争の始…
  4. 西南戦争|勝因・敗因
    戦争で勝敗を決める要因として、戦力と指揮官の能力があります。 西南戦争は薩摩士族と政府軍が戦い…
  5. 官渡の戦い|勝因・敗因
    官渡の戦いは、中国の三国志の時代、曹操軍と袁紹軍が戦った戦いです。この戦では兵力的に大きく劣っていた…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
  2. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
  3. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
  4. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
  5. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
ページ上部へ戻る