ポリセントリック企業とは?ポリセントリック企業とは、海外進出した企業が現地の人材ややり方を重視した国際企業のことを言います。

ちなみにポリセントリックと反対の意味を持つのはエスノセントリックで、エスノセントリック企業は海岸進出をした企業の母国の人材で母国のやり方をする企業を指します。

一般的に企業が海外進出する場合、ほとんどは「エスノセントリック」で進出展開をする企業が多く、母国の人材が海外に派遣され、マネジメントをする位置に立ち、母国の方針で企業展開をします。

しかし、「エスノセントリック」で海外進出をした企業は壁にぶつかることが多いのです。日本では通用したことができなかったり、日本の市場は把握していても海外の市場状況を把握しきれず、失敗したりします。その国のニーズに合わせて商品やサービスの提供が満足にできず、業績が伸びないという問題が起こるわけです。

そこで、企業は「エスノセントリック」とは反対の考えの「ポリセントリック」に移行していきます。

スポンサーリンク

「ポリセントリック」は現地で優秀な人材を選抜し、現地の方をマネジメント、指導する立場に配置します。そうすることで海外進出をした国の市場状況のしっかりと把握ができるようになります。また、その国で育った人がマネジメントをすることで、その国の人たちの考えが理解でき、ニーズに合った商品、サービスを提供することができるようになっていきます。

もちろん「ポリセントリック」へ移行するのはメリットだけではありません。

ポリセントリックのデメリットとしては、海外進出をした国の周りの地域の人たちとの繋がりが薄くなりがちです。簡単に言うと、地域性を大事にし過ぎることで、周りの国の地域性を理解し、関係性を高めることが難しくなるわけです。

このようなことから、ほとんどの企業は「ポリセントリック」と「エスノセントリック」の間をとりたがるのですが、“いいとこ取り”をするのは、簡単にはいかないものです。

自社の企業風土と進出先の国の状況を勘案し、試行錯誤しながら企業運営をしていくことが今後も必要となっていくでしょう。

スポンサーリンク

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です。 弱者ならばランチェスター…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最も単純な戦闘を指すものとなってい…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認識した上で価値ある手立てで行うのが、競…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされるのが「一騎打ち」です。 ランチ…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 鳥羽伏見の戦い|勝因・敗因
    鳥羽伏見の戦いとは、新政府軍が勝利して、旧幕府軍が敗退することとなった戦いです。その後の戊辰戦争の始…
  2. 井陘の戦い(せいけいの戦い)|韓信の勝因と趙軍の敗因
    井陘の戦い(せいけいの戦い)とは、紀元前204年10月に韓信率いる劉邦軍と陳余率いる趙軍が現在の河北…
  3. 姉川の戦い|織田信長の勝因と浅井氏朝倉氏の敗因
    1570年に起きた姉川の戦いでは、織田信長、徳川家康の連合軍が、浅井長政、朝倉景健の連合軍に勝利し、…
  4. マラトンの戦い|ギリシャ軍の勝因とペルシャ軍の敗因
    今を遡ること2500年以上前、紀元前490年9月12日。アテネ北東のマラトンで、ペルシャ帝国対ギリシ…
  5. 西南戦争|勝因・敗因
    戦争で勝敗を決める要因として、戦力と指揮官の能力があります。 西南戦争は薩摩士族と政府軍が戦い…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
  2. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
  3. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
  4. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
  5. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
ページ上部へ戻る