ワーテルローの戦い|ナポレオン軍の敗因

ワーテルローの戦い|勝因・敗因

ワーテルローの戦い|ナポレオン軍の敗因ワーテルローの戦いとは1815年6月18日に起きた、フランス皇帝ナポレオン1世(ナポレオン・ボナパルト)最後の戦いです。

当時はオランダ領だった現在のベルギーにあるワーテルロー付近で、イギリスやオランダ、プロイセン軍とナポレオン率いるフランス軍が激突しました。

エルバ島から密かに帰還し皇帝の座に再び君臨したナポレオンに対し、当時のヨーロッパでは「第7次対仏大同盟」という、ナポレオンに対する包囲網が出来上がりつつありました。

この包囲網が完成するまでに包囲しようとする国々を各個撃破する必要があった、という背景の中、ナポレオンは自ら12万もの大軍を率いて出陣し、前哨戦となったリニーの戦いではプロイセン軍を相手に大勝しました。しかしながら、その直後に行われたワーテルローの戦いで大敗を喫し、さらに大同盟の連合軍による追撃を受けたナポレオンは、ついにイギリスに降伏をすることになったのです。

皇帝位に復帰してから再び失権するまでがあまりに短いことから、この期間を「ナポレオンの百日天下」と呼ぶこともありますが、では、ワーテルローの戦いにおけるナポレオン軍の敗因とは何でしょうか。

実は、ワーテルローの戦いの前、ナポレオンは「われわれには90パーセントの勝算がある」と語るほど、高い自信を持っていました。

実際に、ワーテルローの戦いの前哨戦となったリニーの戦いではプロイセン軍に対して大勝を収めることができました。

第7次対仏大同盟の中心はウェリントン公爵アーサー・ウェルズリー将軍の率いるウェリントン軍と、プロイセン王国のブリュッヘル将軍の率いるプロイセン軍でしたが、このリニーの戦いで、プロイセン軍は兵力を失っただけでなく、ブリュッヘル将軍も負傷し、指揮権を参謀のグナイゼナウという人物に委ねなければならなかったほどでした。

スポンサーリンク

この時点で、同盟の一角であるプロイセン軍に打撃を与えるとともに、ウェリントン軍から引き離すことができていたのです。

ナポレオン軍がこのままウェリントン軍とプロイセン軍の二軍を分断したままであれば、ナポレオンは勝利できた可能性が高いと言われています。ナポレオン自身もプロイセン軍をウェリントン軍との戦場から引き離すべく、追撃を考えました。しかしながら、追撃を任せたグルーシー元帥が、騎兵35000人を率いてプロイセン軍を追ったものの、追いつくことができず、任務を完遂することができなかったことで戦局が大きく変わることになります。

この追撃の失敗によってプロイセン軍とウェリントン軍との合流が成功してしまいます。

一方、ワーテルローの戦いが始まり、そちらの方角から砲撃や銃声が聞こえても、グルーシー元帥は追撃の命令を遵守することを選択したことで、ナポレオン軍の主力と合流することができなかったのです。

結果として、グルーシーの軍勢は主力が大敗を喫したにもかかわらず、ほぼ無傷でパリに帰還し、この軍勢がいたため、のちにパリに連合軍がなだれ込むのを防ぐことができたのですが、そもそもプロイセン軍の追撃に成功していたり、ワーテルローの戦いでナポレオンと合流できなかったということを考えると、ナポレオン軍の敗因はグルーシー元帥の状況判断にあると言えるでしょう。

日本・世界の主要な戦いの勝因・敗因がここに・・・

次は「戦いの勝因・敗因一覧」を見てみる

スポンサーリンク

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認識した上で価値ある手立てで行うのが、競…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い、残りのシェアを多くの中小企業…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第1法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最も単純な戦闘を指すものとなってい…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いていることでしょう。しかし思いだけで…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 鳥羽伏見の戦い|勝因・敗因
    鳥羽伏見の戦いは、慶応4年、明治元年に開始された旧幕府勢力の終焉を決定づける戊辰戦争の口火となった戦…
  2. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦は日露戦争における最後であり最大の会戦です。 大日本帝国陸軍(24万人)・ロシア帝国軍…
  3. ワーテルローの戦い|勝因・敗因
    ワーテルローの戦いとは1815年6月18日に起きた、フランス皇帝ナポレオン1世(ナポレオン・ボナパル…
  4. ゲティスバーグの戦い|勝因・敗因
    ゲティスバーグの戦いとは、1836年7月1日から7月3日にかけて、現在のアメリカ合衆国ペンシルベニア…
  5. 木崎原の戦い|勝因・敗因
    木崎原の戦いは、1572年に九州で起きた島津氏と伊東氏の間の戦いです。約十倍の兵力を相手にした島津軍…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
  2. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
  3. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
  4. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
  5. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
ページ上部へ戻る