北条氏政 最後の言葉〜辞世の句

辞世の句 最後の言葉

北条氏政 最後の言葉〜辞世の句「辞世の句」とは、人が死の間際に詠む漢詩・和歌・俳句などのことです。自分の人生を振り返り、この世に最後に残す言葉として、様々な教訓を私たちに与えてくれるといって良いでしょう。

古来より数えきれない辞世の句が残されてきましたが、今回は、北条氏政の最後の言葉として北条氏政の辞世の句を紹介してみることにします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

北条氏政の最後

北条氏政は相模国の戦国大名で、北条早雲が興した後北条氏の4代目の当主になります。北条氏の最大版図を築いたものの、豊臣秀吉に臣従しなかったことから小田原征伐を招き、数ヶ月間籠城したものの降伏して、1590年8月10日(天正18年7月11日)切腹して果てました。享年は52歳前後だったと言われています。

そんな北条氏政の辞世の句と言われているのが以下の句です。

北条氏政 辞世の句

「我身今 消ゆとやいかに おもふへき 空よりきたり 空に帰れば」

「雨雲の おほえる月も 胸の霧も はらいにけりな 秋の夕風」

現代文に訳すなら、
一句目は「私の身は今消えてしまうがどう思うべきなのだろう。何もない状態から生まれ、何もない状態に帰る、そういうことなのだろう。」
二句目は「雨雲に覆われた月も、胸中に立ち込める霧も、秋の夕方の風のように払われ、この世に思い残すことは何もない。」といったところでしょうか。

スポンサーリンク

北条氏政が死を前にした時、彼の頭の中を去来したのはなんだったのでしょう。この北条氏政の最後の言葉である辞世の句は、皆さんの心にどう響きましたか?

偉人の最後の言葉を見てみよう・・・

偉人の「辞世の句」を見てみる

スポンサーリンク

本日のおすすめ記事はこちら

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則 ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. トラファルガーの海戦|イギリス海軍の勝因とフランス・スペイン連合艦隊の敗因
    トラファルガーの海戦 スペイン・フランス連合艦隊の敗因 トラファルガーの海戦は、1805年にス…
  2. 木崎原の戦い|勝因・敗因
    木崎原の戦い 島津軍の勝因 木崎原の戦いは、1572年6月14日に南九州で起きた島津氏と伊東氏…
  3. ワーテルローの戦い|勝因・敗因
    ワーテルローの戦い ナポレオン軍の敗因 ワーテルローの戦いは、1815年6月18日に起きたフラ…
  4. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦 ロシア軍の敗因 奉天会戦は、日露戦争における最後の会戦です。中国の奉天(現在の瀋陽)…
  5. 井陘の戦い(せいけいの戦い)|韓信の勝因と趙軍の敗因
    井陘の戦い(せいけいの戦い)勝因と敗因 井陘の戦い(せいけいの戦い)とは、紀元前204年10月…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    勝兵は鎰を以て銖を称るがごとく 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  2. 孫子の兵法
    勝つべからざる者は守なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書で…
  3. 孫子の兵法
    戦いは正を以って合い、奇を以って勝つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  4. 孫子の兵法
    算多きは勝ち、算少なきは勝たず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  5. 孫子の兵法
    孫子の七計 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
ページ上部へ戻る