売上債権回転率とは?

売上債権回転率とは

企業にとって売上は重要ですが、売上が回収できない間は原材料や設備などに投資できないため、回収までの期間を知ることは重要です。回収されてない売上を「売上債権」と呼び、売上債権がどのくらいの期間で現金化されているのかチェックする指標が「売上債権回転率」です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

売上債権回転率とは、一般的に「売上高」を「売上債権」で割って計算します。このとき使う「売上高」は原価を引く前の単純な会社の売上額を使用し、「売上債権」は貸借対照表の受取手形と売掛金を使用します。

売上債権回転率が大きければ、売上高に占める売掛金債権の割合が小さいことになり、現金化までの期間が短いことを表します。逆に、売上債権回転率が小さく債権の割合が大きければ期間が長いことを意味します。

例えば、売上高 1200 で、売上債権が 120 の場合と 60 の場合で比較してみましょう。売上債権が 120 の場合は、売上債権回転率は 1200÷120=10 になります。一方、売上債権 が60 の場合は 1200÷60=20 になります。売上債権回転率は数値が大きいほど現金化される期間が短いので、売上債権が 60 のほうが良い数値と言えます。

スポンサーリンク

売上債権回転率の理想的な数値は6以上とされますので、売上高に占める売上債権の割合が 16%以下であると良いでしょう。

また、売上債権がどのくらいの期間で現金化されているか具体的な日数が知りたければ、「売上債権」を「月平均売上高」で割れば判明します。年間の売上高が 1200 の場合であれば、月平均売上高は 100 となりますから、売上債権が 120 ならば 120÷100 で 1.2カ月で、売上債権が 60 ならば 60÷100 で 0.6カ月で債権は回収できていることが分かります。

このように「売上債権回転率」を把握することで、将来の設備投資計画や原材料の仕入れなど原価の予定を立てることができ、経営を健全化させることが可能となります。

スポンサーリンク

本日のおすすめ記事はこちら

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則 ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 鳥羽伏見の戦い|勝因・敗因
    鳥羽伏見の戦い 新政府軍の勝因 鳥羽伏見の戦いは、慶応4年、明治元年に開始された旧幕府勢力の終…
  2. マラトンの戦い
    マラトンの戦い ギリシャ連合軍の勝因 今を遡ること2500年以上前、紀元前490年9月12日。…
  3. 官渡の戦い|勝因・敗因
    官渡の戦い 袁紹軍の敗因 官渡の戦いは、西暦200年の三国時代に起こった圧倒的な大軍を抱える袁…
  4. ワーテルローの戦い|勝因・敗因
    ワーテルローの戦い ナポレオン軍の敗因 ワーテルローの戦いは、1815年6月18日に起きたフラ…
  5. ゲティスバーグの戦い|勝因・敗因
    ゲティスバーグの戦い 北軍の勝因 ゲティスバーグの戦いとは、1836年7月1日から7月3日に起…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    風林火山 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その…
  2. 孫子の兵法
    上兵は謀を伐つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 …
  3. 孫子の兵法
    勝兵は鎰を以て銖を称るがごとく 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  4. 孫子の兵法
    算多きは勝ち、算少なきは勝たず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  5. 孫子の兵法
    勝つべからざる者は守なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書で…
ページ上部へ戻る