アンゾフの成長マトリックスとは?アンゾフの成長マトリックスとは、イゴール・アンゾフ氏によって提唱された事業の成長と拡大を図る際に用いられる企業の成長戦略マトリックスで、製品と市場の2軸に対しさらに既存と新規の2軸に分けて表すのが特徴です。

アンゾフの成長マトリックスは、既存の製品と新規の製品、既存の市場と新規の市場といった形で4分割されているシンプルなマトリックス表になっています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

今の市場で製品をさらに販売する市場浸透と新しい市場で既存の製品を販売する市場開拓、そして新しい製品を開発して既存の市場で販売する製品開発と新しい製品を新しい市場で提供する多角化の4つの選択肢の内、企業としてどの選択を取るべきかがアンゾフの成長マトリックスを用いることでわかるようになっています。

例えば、既存市場と既存技術の中で新規の商売を行なっているものの上手く行かないといった場合には、アンゾフの成長マトリックスの従い新規製品を用いた浸透戦略が必要になります。それでも売り上げが伸びないような際には既存技術や製品を用いた市場新規市場での浸透戦略を開始すべきだと言えます。

こういった切り替えのタイミングが容易に分かるようになるのがアンゾフの成長マトリックスのメリットです。

スポンサーリンク

市場浸透、市場開拓、製品開発、多角化は企業が成長していく過程における努力目標、つまり成長戦略の方向性だと言われています。とくに企業にとっての花形商品を開発する際や販売する際などには、市場浸透や市場開拓を優先すべきなのか一足飛びに多角化を計るべきなのかの選定が非常に重要になります。

既存の製品やサービス、新規の製品やサービスをどのように市場展開していくかはアンゾフの成長マトリックスを物差しにして決めるのが望ましいと言えるでしょう。

また市場の変化に伴い販売戦略を変えることも企業経営においては必須であるとされています。従来の手法での事業展開に行き詰まりを感じているような企業も、企業や事業内容の現状をアンゾフの成長マトリックスに照らし合わせてどうスライドさせていくかを決定すべきでしょう。

アンゾフが提唱する成長マトリックスは素人でも分かりやすいシンプルな作りになっていることから、経営戦略に精通していない方でも指針決定の参考材料として役立つと言われています。

アンゾフの成長マトリックスは世に広く知られている成長マトリックスですので、専門書などを買わずともネットなどでマトリックス表を入手することも可能です。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

本日のおすすめ記事はこちら

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則 ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 木崎原の戦い|勝因・敗因
    木崎原の戦い 島津軍の勝因 木崎原の戦いは、1572年6月14日に南九州で起きた島津氏と伊東氏…
  2. 西南戦争|勝因・敗因
    西南戦争 西郷隆盛の敗因 西南戦争とは、1877年に薩摩士族が起こした大規模な反乱です。薩摩士…
  3. 姉川の戦い|織田信長の勝因と浅井氏朝倉氏の敗因
    姉川の戦い 勝因と敗因 1570年に起きた姉川の戦いでは、織田信長、徳川家康の連合軍が、浅井長…
  4. ゲティスバーグの戦い|勝因・敗因
    ゲティスバーグの戦い 北軍の勝因 ゲティスバーグの戦いとは、1836年7月1日から7月3日に起…
  5. 鳥羽伏見の戦い|勝因・敗因
    鳥羽伏見の戦い 旧幕府軍の敗因 鳥羽伏見の戦いとは、新政府軍が勝利して、旧幕府軍が敗退すること…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    孫子の七計 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
  2. 孫子の兵法
    上兵は謀を伐つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 …
  3. 孫子の兵法
    兵は拙速を聞くも、未だ功の久しきをみざる 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武…
  4. 孫子の兵法
    勝つべからざる者は守なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書で…
  5. 孫子の兵法
    算多きは勝ち、算少なきは勝たず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
ページ上部へ戻る