政党交付金〜どの党に払うのが一番無駄?

政党交付金〜どの党に払うのが一番無駄?政党交付金とは、政党の活動を助成する目的で国庫から各政党に交付されるお金です。企業や団体などから政治献金を制限する代わりに生まれた制度になります。

政党交付金の交付条件としては、次のいずれかの条件を満たす政党が受け取る資格があります。

  • 所属国会議員が5人以上
  • 所属国会議員が1人以上、かつ、国政選挙において全国を通じた得票率が2%以上のもの

政党交付金は、年に4度(4月・7月・10月・12月)交付され、直近では 2017年4月20日に交付されています。

この時、受け取った政党とその金額を列挙してみると次の通りでした。

スポンサーリンク

自民党 44億 565万円

民進党 21億7974万円

公明党 7億8384万円

日本維新の会 2億5239万円

日本のこころ 1億2327万円

自由党 9966万円

社民党 9884万円

ちなみに共産党は制度自体に反対していて政党交付金を受け取らないと言っています。
(政党交付金を受け取ると収支報告をしなければならなくなるからという話もありますが・・・)

ご覧いただいて分かる通り、結構な金額を国庫から交付していることがわかります。国庫から交付されるということは、国民が間接的に支払っていることになるのですが、応援していない政党に強制的に献金するような感覚にモヤモヤしたものをお持ちの方もいるかもしれませんね。

ということで、今回は自分たちの納めた税金を「どの党に払うのが一番無駄か」について、アンケートをとってみたいと思います。ぜひ参加して見てください!

スポンサーリンク

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最も単純な戦闘を指すものとなってい…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いていることでしょう。しかし思いだけで…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です。 弱者ならばランチェスター…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされるのが「一騎打ち」です。 ランチ…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. アウステルリッツの戦い|勝因・敗因
    アウステルリッツの戦いとは、1805年12月2日にオーストリア領(現チェコ領)モラヴィアにある、ブル…
  2. 三方ヶ原の戦い|高田信玄の勝因と織田・徳川軍の敗因
    三方ヶ原の戦いとは、1573年に遠江国(現在の静岡県)で起きた徳川・織田連合軍と武田信玄の間の戦いで…
  3. 木崎原の戦い|勝因・敗因
    木崎原の戦いは、1572年に九州で起きた島津氏と伊東氏の間の戦いです。約十倍の兵力を相手にした島津軍…
  4. 官渡の戦い|勝因・敗因
    官渡の戦いでは圧倒的な大軍を抱える袁紹軍とそれに挑む曹操軍との間の戦争なのですが、兵糧の枯渇に苦しん…
  5. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦は、日露戦争における最後の会戦です。中国の奉天(現在の瀋陽)を舞台に1905年3月1日から3…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
  2. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
  3. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
  4. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
  5. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
ページ上部へ戻る