フェイクニュース対策〜新聞は反体制派の機関紙?

フェイクニュース対策〜新聞は反体制派の機関紙?昨今、誤った情報を流す「フェイスニュース」が話題になっています。

フェイクニュースは、世論操作や話題作りなどのために、発信者の側が「嘘の情報」や「偏向した情報」を意図的に報道するのがほとんどで、SNSの普及により、センセーショナルな「嘘情報」が短期間による拡散するなど大きな社会問題になっています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

報道は第4の権力と呼ばれ、「報道の中立性」や「事実を報道する」ことは報道の大前提であるはずなのですが、マスコミの代表格である大手新聞社といえども、フェイクニュースとは無縁ではなく、結論ありきで捏造記事や裏取り取材をせず誤った情報を掲載した例が過去にも散見されます。比較的新しい例をいくつか挙げると、

  • 沖縄のサンゴ礁に朝日新聞の記者が落書きを行い、自作自演の報道を行った「朝日新聞 “サンゴ礁事件”」
  • 慰安婦問題について、朝鮮人女性を強制連行したという吉田清治氏の証言を真偽不明のまま報道した「朝日新聞 慰安婦誤報問題」
  • 福島第一原発にいた職員の9割が吉田所長の命令に違反し第二原発へ撤退したと誤報した「朝日新聞 吉田調書問題」
  • 「iPS細胞を使った世界初の心筋移植手術を実施した」とする森口尚史氏の虚言を報道した「読売新聞 森口氏誤報問題」

などがあり、特に朝日新聞の3例は結論ありきのフェイクニュースと言われても仕方がないかもしれません。

では、我々一般大衆がこういった誤報やフェイクニュースに “騙されない” ためにはどのようにすれば良いのでしょうか?

スポンサーリンク

誤報やフェイクニュースに “騙されない” ためには「新聞に書かれている情報を鵜呑みにしない」ことが重要です。そのために必要なのが、新聞の情報を「客観的な事実」と「主観の報道」に分けることです。

新聞には様々なニュースが取り上げられています。ただ、新聞に書かれた情報には客観的に見て正しいものと、新聞社側の思想信条や考え方で様々なバイアスが掛かっているものが存在しています。

例えば、スポーツニュースで「〇〇と△△が戦って、2−1で〇〇が勝った」というのは客観的な事実ですが、「〇〇の新戦力が躍動!」とか「〇〇が辛くも逃げ切る」などの見出しや論評は、編集側の主観による報道です。

こうして切り分けた新聞報道を「編集側の主観の部分」だけ切り取ってみていくと、特に政治報道に関して「保守政権のイメージを落とそうとする」センセーショナルな見出しや論評が多いことに気付かされます。保守・革新を問わず、論調に一貫性があって真実を追求するのであれば良いのですが、保守政治に対しては粗探しのように追求する割に、革新政治の都合が悪い話題には触れないというダブルスタンダードが目立ちます。

こういった昨今の新聞報道を見ていると、新聞というメディアは基本的に “反体制” の側に立っているジャーナリズムと言えそうです。新聞は「中立公正」「真実の追求」といったスタンスで捉えている方が多いかもしれませんが、現状では、大多数の新聞は “反体制派の機関紙” “左翼系の機関紙” と考えた上で読むようにしておくと、誤報やフェイクニュースに “騙されない” 対策になるでしょう。

繰り返しになりますが、新聞は書かれている情報を鵜呑みにせず、情報を「客観的な事実」と「主観の報道」に分け、「客観的な事実」のみをキャッチアップしていくようにしていくのが、新聞との賢い付き合い方と言えそうです。

フェイクニュースとは?・・・

フェイクニュースとは?」を見てみる

スポンサーリンク

本日のおすすめ記事はこちら

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則 ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. ゲティスバーグの戦い|勝因・敗因
    ゲティスバーグの戦い 北軍の勝因 ゲティスバーグの戦いとは、1836年7月1日から7月3日に起…
  2. 三方ヶ原の戦い|高田信玄の勝因と織田・徳川軍の敗因
    三方ヶ原の戦い 徳川・織田軍の敗因 三方ヶ原の戦いとは、1573年に遠江国(現在の静岡県)で起…
  3. 木崎原の戦い|勝因・敗因
    木崎原の戦い 島津軍の勝因 木崎原の戦いは、1572年6月14日に南九州で起きた島津氏と伊東氏…
  4. 井陘の戦い(せいけいの戦い)|韓信の勝因と趙軍の敗因
    井陘の戦い(せいけいの戦い)勝因と敗因 井陘の戦い(せいけいの戦い)とは、紀元前204年10月…
  5. 西南戦争|勝因・敗因
    西南戦争 西郷隆盛の敗因 西南戦争とは、1877年に薩摩士族が起こした大規模な反乱です。薩摩士…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    勝つべからざる者は守なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書で…
  2. 孫子の兵法
    百戦百勝は善の善なるものに非ず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  3. 孫子の兵法
    算多きは勝ち、算少なきは勝たず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  4. 孫子の兵法
    兵は拙速を聞くも、未だ功の久しきをみざる 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武…
  5. 孫子の兵法
    善く戦うものは、勝ち易きに勝つ者なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
ページ上部へ戻る