河上彦斎 最後の言葉〜辞世の句

辞世の句 最後の言葉

河上彦斎 最後の言葉〜辞世の句「辞世の句」とは、人が死の間際に詠む漢詩・和歌・俳句などのことです。自分の人生を振り返り、この世に最後に残す言葉として、様々な教訓を私たちに与えてくれるといって良いでしょう。

古来より数えきれない辞世の句が残されてきましたが、今回は、河上彦斎の最後の言葉として河上彦斎の辞世の句を紹介してみることにします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

河上彦斎の最後

河上彦斎は、幕末の四大人斬りの一人とされる尊皇攘夷派の志士です。150cmほどの小柄で色白の外見とは異なり、我流の片手抜刀術の達人で「人斬り彦斎」と恐れられていました。京都において、開国論者の佐久間象山を暗殺したことでも有名な河上彦斎ですが、攘夷を頑なに説く彦斎を疎んじた明治新政府によって1872年1月13日、斬首されました。享年37歳。

そんな河上彦斎の辞世の句と言われているのが以下の句です。

河上彦斎 辞世の句

「君が為め 死ぬる骸に 草むさば 赤き心の 花や咲くらん」

「かねてより なき身と知れど 君が世を 思う心ぞ 世に残りける」

「君を思い 君の御法に 死ぬる身を ゆめ見こりなそ つくせ世の人」

現代文に訳すなら、一句目は「天皇のために死んだ体に草が生えれば、我が情熱のような真っ赤な花が咲くことだろう。」、二句目は「自分の身に後はないと知っていたが、天皇の作る世の中を案じる心はいつまでも残っている。」、三句目は「天皇を思い、天皇の法の下に私は死にゆく。世の人も天皇に尽くして欲しい。」といったところでしょうか。尊皇派としての気持ちが溢れる辞世の句になっています。

スポンサーリンク

尊皇攘夷から開国へと進んでいった世の流れから取り残されながらも、自らの信念を曲げなかった河上彦斎。死を前にした時、彼の頭の中を去来したのはなんだったのでしょう。この河上彦斎の最後の言葉である辞世の句は、皆さんの心にどう響きましたか?

偉人の最後の言葉を見てみよう・・・

偉人の「辞世の句」を見てみる

スポンサーリンク

本日のおすすめ記事はこちら

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則 ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 官渡の戦い|勝因・敗因
    官渡の戦い 曹操軍の勝因 官渡の戦いは、西暦2006年、有名な「三国志」の時代に曹操軍と袁紹軍…
  2. 桶狭間の戦い|勝因・敗因
    桶狭間の戦い 今川義元の敗因 桶狭間の戦いは、1560年6月12日に行われた今川義元軍と織田信…
  3. ゲティスバーグの戦い|勝因・敗因
    ゲティスバーグの戦い 北軍の勝因 ゲティスバーグの戦いとは、1836年7月1日から7月3日に起…
  4. 三方ヶ原の戦い|高田信玄の勝因と織田・徳川軍の敗因
    三方ヶ原の戦い 徳川・織田軍の敗因 三方ヶ原の戦いとは、1573年に遠江国(現在の静岡県)で起…
  5. 木崎原の戦い|勝因・敗因
    木崎原の戦い 島津軍の勝因 木崎原の戦いは、1572年6月14日に南九州で起きた島津氏と伊東氏…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    善く戦うものは、勝ち易きに勝つ者なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  2. 孫子の兵法
    孫子の五事 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
  3. 孫子の兵法
    百戦百勝は善の善なるものに非ず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  4. 孫子の兵法
    彼を知り己を知れば百戦危うからず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた…
  5. 孫子の兵法
    兵は拙速を聞くも、未だ功の久しきをみざる 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武…
ページ上部へ戻る