為せば成る 為さねば成らぬ 成る業を 成らぬと捨つる 人の儚き(武田信玄)

偉人の名言・格言

為せば成る 為さねば成らぬ 成る業を 成らぬと捨つる 人の儚き(武田信玄)

為せば成る 為さねば成らぬ 成る業を 成らぬと捨つる 人の儚き

古来より、人は自らの教訓を言葉で残し、「名言・格言」として伝わってきました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

その中から、時を超えて現代においても、人生に様々な示唆を与えてくれる「名言・格言」を独断と偏見で選んでみました。きっとビジネスだけでなく、人生においても参考になるでしょう。

今回選んだのは、

「為せば成る 為さねば成らぬ 成る業を 成らぬと捨つる 人の儚き」

という武田信玄の名言・格言です。

スポンサーリンク

武田信玄(1521年12月1日〜1573年5月13日:享年51歳)は、甲斐国(今の山梨県)を治めた戦国大名です。越後国の上杉謙信との死闘が有名な武田信玄ですが、今の世でも色あせない数多くの名言・格言を残しています。今回は、そんな武田信玄の名言・格言の中から「為せば成る 為さねば成らぬ 成る業を 成らぬと捨つる 人の儚き」を紹介してみました。

この言葉の意味ですが、現代語にすると、
「強い意志を持って行えばできないことはない。一方、行わなければ何も実現できない。やればできることであっても最初から諦めてしまうところに人の弱さがある。」といったところでしょうか。

物事を為すときに、諦めてしまえば、その時点でゲームオーバーです。また、効率よく物事を為すことばかり考えるよりも、「石の上にも三年」という言葉もありますが、諦めず、地道に続けていけば、大抵のことであれば成功するのだ、という気持ちを持つことこそ、人生には必要ではないでしょうか?

今回は、武田信玄の「為せば成る 為さねば成らぬ 成る業を 成らぬと捨つる 人の儚き」という名言・格言をご紹介しましたが、皆さんの心にこの言葉は響きましたか?偉人たちが試行錯誤し、彼らの人生が凝縮された名言・格言から学んで、自分たちの人生に活かせるといいですね。

偉人の名言・格言を見てみよう・・・

偉人の「名言・格言」を見てみる

スポンサーリンク

本日のおすすめ記事はこちら

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則 ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 官渡の戦い|勝因・敗因
    官渡の戦い 曹操軍の勝因 官渡の戦いは、西暦2006年、有名な「三国志」の時代に曹操軍と袁紹軍…
  2. マラトンの戦い|ギリシャ軍の勝因とペルシャ軍の敗因
    マラトンの戦い ギリシャ連合軍の勝因 今を遡ること2500年以上前、紀元前490年9月12日。…
  3. 第二次長州征伐|長州藩の勝因と幕府軍の敗因
    第二次長州征伐 長州藩の勝因 第二次長州征伐とは、徳川幕府が長州藩の討伐に乗り出した江戸時代後…
  4. 西南戦争|勝因・敗因
    西南戦争 西郷隆盛の敗因 西南戦争とは、1877年に薩摩士族が起こした大規模な反乱です。薩摩士…
  5. 桶狭間の戦い|勝因・敗因
    桶狭間の戦い 今川義元の敗因 桶狭間の戦いは、1560年6月12日に行われた今川義元軍と織田信…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    勝兵は鎰を以て銖を称るがごとく 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  2. 孫子の兵法
    孫子の七計 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
  3. 孫子の兵法
    勝つべからざる者は守なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書で…
  4. 孫子の兵法
    善く戦うものは、勝ち易きに勝つ者なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  5. 孫子の兵法
    戦いは正を以って合い、奇を以って勝つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
ページ上部へ戻る