故事成語

牛首を懸けて馬肉を売る

牛首を懸けて馬肉を売る(ぎゅうしゅをかけてばにくをうる)

古来より、人は自らの教訓を言葉で残し、古人の知恵や経験を「故事成語・ことわざ」として現代に伝えてきました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

その中から、時を超えて、人生に様々な示唆を与えてくれる「故事成語・ことわざ」を独断と偏見で選んでみました。きっとビジネスだけでなく、人生においても参考になるでしょう。

今回選んだのは、

「牛首を懸けて馬肉を売る(ぎゅうしゅをかけてばにくをうる)」

という中国の古書「晏子春秋」が出典の故事成語です。

スポンサーリンク

「牛首を懸けて馬肉を売る」とは

「牛首を懸けて馬肉を売る」とは、
牛の頭を店頭に掲げておきながら、馬の肉を売るたとえから「見せかけはしっかりしているが、中身が伴っていない」という意味で使われます。

私の本業はインターネット集客ですが、同業者の中には到底お客様の役に立たないような集客サービスを法外な値段で販売している会社があります。

そういった会社はえてして一部上場しているような著名な企業が多く、日々営業マンが、リストに載っている企業や店舗に対してせっせとテレアポを行い、自社の知名度を全面に押し出して、高価なサービスを即日でカード決済させる事例が後を絶ちません。

この種の “サービス” は「牛首を懸けて馬肉を売る」ように見た目はしっかりしているように見えますが、大体10年以上も昔からあるような陳腐なサービスで効果も薄れ、プロなら誰も見向きもしないような内容だったりします。こんな “サービス” をお客様が何も知らないことをいいことに押し売りまがいで販売する手法は、真っ当なビジネスと私には思えません。

世の中に点在するこういった「牛首を懸けて馬肉を売る」サービスや商品に引っかからないためには、売っている企業や人を見るのではなく、そのサービスや商品の中身を見る目を養うことが重要です。そもそも、不特定多数に電話営業を掛け、その日中に決済させようとするような “サービス” は真っ当なサービスではないと思うのですが・・・。

 

人生に役立つ言葉を見てみよう・・・

役立つ用語集「故事成語・ことわざ」を見てみる

スポンサーリンク

本日のおすすめ記事はこちら

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 関ヶ原の戦い|勝因・敗因
    関ヶ原の戦い 東軍の勝因 関ヶ原の戦いとは、1600年10月21日に現在の岐阜県関ヶ原町で行わ…
  2. 第二次長州征伐|長州藩の勝因と幕府軍の敗因
    第二次長州征伐 長州藩の勝因 第二次長州征伐とは、徳川幕府が長州藩の討伐に乗り出した江戸時代後…
  3. 鳥羽伏見の戦い|勝因・敗因
    鳥羽伏見の戦い 新政府軍の勝因 鳥羽伏見の戦いは、慶応4年、明治元年に開始された旧幕府勢力の終…
  4. ゲティスバーグの戦い|勝因・敗因
    ゲティスバーグの戦い 北軍の勝因 ゲティスバーグの戦いとは、1836年7月1日から7月3日に起…
  5. アウステルリッツの戦い|勝因・敗因
    アウステルリッツの戦い ナポレオン軍の勝因 アウステルリッツの戦いとは、1805年12月2日に…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    算多きは勝ち、算少なきは勝たず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  2. 孫子の兵法
    善く戦うものは、勝ち易きに勝つ者なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  3. 孫子の兵法
    彼を知り己を知れば百戦危うからず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた…
  4. 孫子の兵法
    勝兵は鎰を以て銖を称るがごとく 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  5. 孫子の兵法
    孫子の五事 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
ページ上部へ戻る