長谷川秀夫教授が電通女性社員過労死事件で炎上

長谷川秀夫教授が電通女性社員過労死事件で炎上電通の女性社員が投身自殺をし、労基署から過労死認定された事件を受け、武蔵野大学グローバルビジネス学科教授である長谷川秀夫氏がFacebookに以下の趣旨の発言を投稿し、炎上騒ぎになりました。

長谷川秀夫教授の発言要旨

  • (女性社員過労自殺について)こういう状態の解決策を提示してマネジメントするのがプロ
  • 月当たり残業時間が100時間を超えたくらいで過労死するのは情けない
  • 自分が請け負った仕事をプロとして完遂するという強い意志があれば、残業時間など関係ない

ネット炎上を受けて、長谷川秀夫氏は、その後、Facebook上で謝罪し、問題となった発言を削除しましたが、大学教授という識者と呼ばれる職にありながら、不用意な発言であったと言わざるをえません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【関連記事:電通東大卒女性社員過労死を考える

SNS上で発言をするのは自由ですが、発言内容まで自由というわけではありません。違法性があったり、違法行為を擁護する内容は炎上につながる大きな要因の一つです。

長谷川秀夫氏の発言の真意は本人のみぞ知るところですが、過労自殺に至るような場合、転職に思い至ることすら選択肢にない状態に精神的に追い詰められているケースは多々あります。現に「電通女性社員過労死事件」では、長時間勤務等で本人がうつ状態にあったと労基署は判断していますので、本人の仕事への姿勢や判断を問うのではなく、そういう状態にしている雇用主(電通)への問題提起をするべきだったように思います。

いずれにしても、こうしてネット炎上することで、ネット上に炎上の痕跡を多く残してしまいます。例えば、今回の事案であれば、「長谷川秀夫」氏をネット検索すると、「長谷川秀夫教授 過労死するのは情けない」といった具合にネット炎上の痕跡が検索結果で上位表示されて、おそらく数年間は残ってしまいます。

【関連記事:忘れられる権利とは?

ちょっとした不用意な発言で、長期にわたってネット上に情報が残ってしまう事態にならないよう細心の注意を図っていきたいものです。

スポンサーリンク

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則 ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. マラトンの戦い|ギリシャ軍の勝因とペルシャ軍の敗因
    マラトンの戦い ギリシャ連合軍の勝因 今を遡ること2500年以上前、紀元前490年9月12日。…
  2. ゲティスバーグの戦い|勝因・敗因
    ゲティスバーグの戦い 北軍の勝因 ゲティスバーグの戦いとは、1836年7月1日から7月3日に起…
  3. 三方ヶ原の戦い|高田信玄の勝因と織田・徳川軍の敗因
    三方ヶ原の戦い 徳川・織田軍の敗因 三方ヶ原の戦いとは、1573年に遠江国(現在の静岡県)で起…
  4. 鳥羽伏見の戦い|勝因・敗因
    鳥羽伏見の戦い 新政府軍の勝因 鳥羽伏見の戦いは、慶応4年、明治元年に開始された旧幕府勢力の終…
  5. 西南戦争|勝因・敗因
    西南戦争 西郷隆盛の敗因 西南戦争とは、1877年に薩摩士族が起こした大規模な反乱です。薩摩士…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    風林火山 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その…
  2. 孫子の兵法
    善く戦うものは、勝ち易きに勝つ者なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  3. 孫子の兵法
    算多きは勝ち、算少なきは勝たず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  4. 孫子の兵法
    上兵は謀を伐つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 …
  5. 孫子の兵法
    孫子の五事 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
ページ上部へ戻る