img_g004

コンテンツマーケティングとは?コンテンツマーケティングを採用する企業が増えてきています。「コンテンツマーケティング」とはインターネット集客の手法の一つですが、具体的にどういったものなのでしょうか。今回は、この「コンテンツマーケティング」について触れてみましょう。

コンテンツマーケティングとは、ネットユーザーにとって有益な情報をインターネットコンテンツとして制作して公開・配信することで、ユーザーを集め、段階的に購買へと育てていくインターネット集客手法の一つです。

ネットユーザーは、Googleやヤフーなどのインターネット検索を中心に自分にとって有益な情報を収集しています。コンテンツマーケティングでは、そういった人たちに対して、自分たちの事業から近い内容でインターネットコンテンツを提供していきます。インターネットコンテンツと聞くと難しそうに思えるかもしれませんが、ホームページやブログ、メディアサイトなどのことです。

こういったホームページやブログ、メディアサイトにコンテンツ(情報ページ)を増やしていくことによって、次第にネットユーザーの目に留まるようになってきます。さらにコンテンツを継続して増やしていくことで、ホームページやブログ、メディアサイトへ「アクセス」が集まっていきます。

コンテンツマーケティングを始めるためには、ホームページやブログ、メディアサイトなどのコンテンツが必要となりますが、その際何点か注意点があります。

  • ホームページやブログ、メディアサイトなどのコンテンツは、自社の事業に近くネットユーザーが興味を持ちそうなジャンルを選ぶ
  • 各コンテンツは1ページあたり1000文字前後を目安にする
  • コンテンツの内容が売り込みにならないよう気をつける
  • 根気よくコンテンツ(ページ数)を増やすことを継続していく
  • コンテンツはオリジナルの内容にする(他サイトの内容をパクってコピペしない)
  • コンテンツはどんなキーワードで検索されそうかイメージして作っていく
  • 最低限のSEO技術(内部SEOの技術)を持っておく

このような注意点をクリアしつつ、コンテンツを充実させていくことでアクセスは増えていきますが、コンテンツマーケティングを成功させるには、そのアクセスを集客(自社商品・サービスの購入)へどう繋げるかも大きなポイントです。

購入してもらいたい自社商品・サービスが、一般の方から見て比較的理解しやすく敷居が低いようであれば、ホームページやブログ、メディアサイトなどのコンテンツから直にお問い合わせをいただいたり、購入してもらうことが可能です。しかし、高額だったり、一般の方とはあまり縁のない商品・サービスの場合、セミナーへの誘導など何段階かのステップを踏んで商品・サービスに興味と理解を持ってもらい、購買につなげていく必要があります。

コンテンツマーケティングは誰でもチャレンジできる集客手法ではありますが、一方で難易度が高く根気を必要とし、実際に実践できる競合相手は少ないのが実状です。コンテンツマーケティングは、一旦軌道に乗ると競合が少ないマーケットになる分、優位に集客を行なっていくことができますので、事業の拡大を目指していくなら是非チャレンジしたい集客手法です。

次は「コンテンツマーケティング 陥りやすい2つの失敗」を見てみる

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 関ヶ原の戦い|勝因・敗因

    関ヶ原の戦い|西軍の敗因

    関ヶ原の戦いとは、戦国時代の末期に当時の日本の諸大名が東西の両陣営に分かれて戦った歴史的な大戦です。…
  2. 赤壁の戦い|勝因・敗因

    赤壁の戦い|曹操軍の敗因

    赤壁の戦いは、208年に中原を制覇した曹操軍が、孫権・劉備の連合軍と戦った戦いです。 そもそも…

偉人から学ぶ

  1. ijin_g009

    新井白石|偉人列伝

    新井白石は、江戸時代中期の人物で、旗本であり政治家、儒学者でもありました。今回は新井白石のエピソード…
  2. ijin_g002

    豊田佐吉|偉人列伝

    豊田佐吉は、後に世界のトヨタと言われ、日本最大のトヨタ自動車の創設者豊田喜一郎氏の父親となる人物です…
ページ上部へ戻る