経営者交流会,異業種交流会,起業,経営者団体

パッションリーダーズとは〜異業種交流会パッションリーダーズとは「日本最大規模」の経営者団体であり、異業種交流会です。パッションリーダーズは地域別にブランチという組織に別れて活動しています。一般的に異業種交流会というと、新規顧客獲得目的のイメージですが、パッションリーダーズの場合は「仲間を得て、遊びも仕事も楽しむ」という会になっています。

今回は、パッションリーダーズについて、私自身の経験も含めて触れてみましょう。

パッションリーダーズは、起業家支援の色合いが濃く、他の異業種交流会に比べて、個人事業主や比較的小規模な事業者が多いように思います。パッションリーダーズは、ここ数年で急速に拡大してきた団体ですが、異業種交流会というよりも経営者団体といった側面が強く、団体内で仕事や遊びの“分科会”が設けられていて、会員は必要に応じて利用する仕組みになっています。

パッションリーダーズには、仕事や新規会員の紹介といった“ノルマ”は特にありませんが、会員の紹介社数に応じて、組織内の“役職”が上がっていくので、“ネットワーク”的な要素はあります。ドンドン新規会員を紹介していけば組織内の地位が上がる、ピラミッド型企業のような“出世”ができるのが、パッションリーダーズの魅力なのかもしれません。

当社もパッションリーダーズに入会していましたが、現在は参加していません。ちなみにパッションリーダーズには退会規定がないので退会することはできないそうで、無期休会の扱いになるようです。会員数は延べ数でカウントするので、増えていく一方ですが、実際は当社のような“幽霊会員”も多数いると思いますので、公称の会員数と実態には大きな乖離がありそうです。

当社がパッションリーダーズを事実上“退会”した理由ですが、

  • 異業種交流会に「遊び」の要素は不要だった
  • 個人的にネットワークビジネスが嫌いなので、“ネットワーク”的な要素が好きになれない
  • ピラミッド型の組織の一員になるが個人的に嫌い
  • 会員の大多数は起業して間際の小規模な企業や個人事業主で、ビジネスに繋がりにくい

といったところでした。私自身、長年サラリーマンとして働き、組織人でいるのが嫌になって独立・起業しているので、パッションリーダーズは合いませんでした。若くして独立し、個人事業に近い状態の経営者であれば、また違った感想になったのかもしれません。

パッションリーダーズの費用ですが、「入会金:108,000円」「年会費:129,600円」となっています。異業種交流会としては、一般的な費用ですが、起業して間際の会社や個人事業主には決して安くはない金額ですので、パッションリーダーズに入会することで自社の事業にプラスになるのか、しっかりと検討していくべきだと思います。

次は「経営者交流会・異業種交流会で集客できない理由」を見てみる

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 関ヶ原の戦い|勝因・敗因

    関ヶ原の戦い|東軍の勝因

    関ヶ原の戦いにおける東軍の勝因とは、基本的には前哨戦の部分を含めて考えることで、理解しやすいでしょう…
  2. 赤壁の戦い|勝因・敗因

    赤壁の戦い|曹操軍の敗因

    赤壁の戦いは、208年に中原を制覇した曹操軍が、孫権・劉備の連合軍と戦った戦いです。 そもそも…

偉人から学ぶ

  1. 弁護士,弁護士の集客

    花井卓蔵|偉人列伝

    現代には多くの弁護士が存在し、市民のために立ち上がる弁護士や誰も引き受けたがらないような刑事事件の弁…
  2. ijin_g009

    新井白石|偉人列伝

    新井白石は、江戸時代中期の人物で、旗本であり政治家、儒学者でもありました。今回は新井白石のエピソード…
ページ上部へ戻る