ブログ集客のポイント〜記事を書けば良いわけではない

ブログ集客

ブログ集客のポイント〜記事を書けば良いわけではないこのサイトでは、これまで何度かブログ集客について書いてきました。
例えば、

  • アメブロなどのブログサービス上にブログを書くのではなく、独自ドメイン+ワードプレスでブログを運用する
  • ブログは 1記事あたり 1000文字以上を目安に書く
  • ブログは毎日1記事を目安に更新する
  • ブログはまずは最低 270記事を目指す

などなど、ブログにアクセスを集めて集客やマネタイズにつなげていく為のいくつかのポイントがあります。

【関連記事:ブログの記事は何記事くらい書けばいいのか?

最近、ブログ集客が上手くいかない方からお問い合わせをいただきました。
お話を伺ってみると、上記に挙げたポイントは概ねクリアしているようなのですが、肝心の部分で大きな間違いをしていました。
ということで、今回は「ブログは数書けば良いわけではない」ということについて書いてみます。

ブログアクセスを増やすには、Google やヤフー(ヤフーの検索エンジンはGoogle が提供しているので実質は Google ということになりますが)などの検索エンジンで評価され、検索順位が上位表示されることが非常に重要です。

【関連記事:検索エンジンの仕組みとは?

ブログアクセスが増える仕組みですが、一定度のテキスト量が書かれた記事を増やすことで、様々なキーワードで上位表示されるようになり、結果として、テキスト量&記事数に応じてブログアクセスが増えることになります。

でも、単純に数や量を書けば良いというわけではありません。
検索エンジンに評価されるには、

●記事内容がオリジナルであること
●ネットユーザーが知りたい内容であること

が大切です。
よく、ブログを書いていくとネタ切れになり、ネット上にある情報をコピペしている人がいますが、コピーされた情報はいくら文字数や記事数があっても、検索エンジンが上位評価することはありません。コピペしている記事は、検索順位がグンと低くなるだけでなく、検索のデータベースに登録すらされないこともあるくらいで、コピペでないオリジナルの文章である ことは必須条件です。

また、SNSの延長線で、何を食べたとか、何をして楽しかったとか、個人の私生活的な内容のブログをよく見ます。個人の日記としてブログを書いているのであれば問題ありませんが、ブログで集客しようとする場合は、ネットユーザーが知りたい情報(ネットユーザーが検索する情報)について解決するような内容のブログ記事を書くことが大切 です。

ブログを書いて集客に結びつけようとする場合、相当な労力が必要です。それだけに無駄な労力とならないようポイントを押さえたブログにしていきたいものです。

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 関ヶ原の戦い|勝因・敗因

    関ヶ原の戦い|西軍の敗因

    関ヶ原の戦いとは、戦国時代の末期に当時の日本の諸大名が東西の両陣営に分かれて戦った歴史的な大戦です。…
  2. 赤壁の戦い|勝因・敗因

    赤壁の戦い|曹操軍の敗因

    赤壁の戦いは、208年に中原を制覇した曹操軍が、孫権・劉備の連合軍と戦った戦いです。 そもそも…

偉人から学ぶ

  1. ijin_g006

    緒方洪庵|偉人列伝

    緒方洪庵は、江戸時代後期に医師、蘭学者として活躍した人物です。 緒方洪庵は文化7年、備中国足守…
  2. ijin_g003

    北条時宗|偉人列伝

    北条時宗は、1251年6月5日、第5代目執権北条時頼の子息として誕生しました。 北条時宗は、鎌…
ページ上部へ戻る