img_g012

マインドフルネスで業務効率アップ!近年活用している企業名をあげると米グーグルやインテルそしてフェイスブックとナイキ国内であれば学校関連や電子機器の大手メーカーなどの国内外の大企業を中心に、働いている従業員の職務環境を整える一環として「マインドフルネス」が取り入れられていることが増えています。

マインドフルネスとは、今この瞬間の自分の体験に注意を向けて現実をあるがままに受け入れることで、“脳のオーバーヒート”をリセットすることです。

マインドフルネスが注目されるようになった背景には、このマインドフルネスを取り入れることによって業務効率が上がることが実証されたからといえます。業務効率が下がる理由の多くは、先に言った“脳のオーバーヒート”が関係しています。

脳は現在の視覚や聴覚などの6感で感じる情報を処理するだけでなく、臓器を動かす指令やこれまでの過去の経験や未来の予測を含めて脳は自身が感じるよりも1日中休むことがなく働いています。1日中働いていることによって脳は常に糖分などの栄養素を欲するようになりますが、例え栄養分を欲して補給したとしても意識するしないに限らずあまりに多くの情報が脳の中に入ってしまうと脳がそれらの情報をすべて処理しきれなくなります。

それが“脳のオーバーヒート”であり、この状態は神経の活動が過剰に働いている状態なので脳の活動領域が狭まってしまい集中力の欠如や急激な睡眠欲などがおきて業務効率が落ちる以上に体への変調として現れることになります。

“脳のオーバーヒート”状態を放置すると個人の職務環境が乱れていることになるので、それを改善する目的でマインドフルネスが役に立ちます。

マインドフルネスのやり方としては今この瞬間の自分の体験に注意を向けて現実をあるがままに受け入れるために、現在行っている行動をすべて止めてその代わりに座禅を組み目を瞑って物事を考えない瞑想状態を作ります。物事を考えない瞑想状態を作った上で、今この瞬間の自分の体験の意識を人間が生きていく上で必ず行っている呼吸だけに集中する時間を作ります。

この今この瞬間の自分の体験に注意を向けて現実をあるがままに受け入れるマインドフルネスを、毎日の学業および就業時間の30分の休憩時間で朝と昼と晩に1日3セットを2週間以上続けることで脳のリセットが完了します。

マインドフルネスを取り入れることによって、集中力の持続による業務効率が上がるだけでなく、精神の安定が可能になるので精神負担が限界を迎える上で起こるうつ病の改善および予防にも効果があると期待されています。

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 西南戦争|勝因・敗因

    西南戦争|政府軍の勝因

    今回は、明治維新後最大の内戦となった西南戦争で勝者となった政府軍の勝因について見ていきましょう。 …
  2. 赤壁の戦い|勝因・敗因

    赤壁の戦い|孫権・劉備軍の勝因

    赤壁の戦いは中国の後漢末期、いわゆる“三国志時代”に起きた戦いです。 魏の曹操が率いる大軍に対…

偉人から学ぶ

  1. ijin_g007

    川路聖謨|偉人列伝

    川路聖謨(かわじとしあきら)は1801年、豊後国日田(現在の大分県日田市)で日田代官所属吏である父・…
  2. ijin_g004

    伊能忠敬|偉人列伝

    伊能忠敬は、江戸時代に日本中を歩いて回り、測量により正確な日本地図を作った人です。 伊能忠敬は、も…
ページ上部へ戻る