ヤフーとGoogleの検索シェアを計測してみた

img_g019

ヤフーとGoogleの検索シェアを計測してみた日本では、ヤフーとGoogleという2大検索サイトがありますが、今、一番使われている検索サイトは何でしょうか?

ということで、今回は「ヤフーとGoogleの検索シェア」を調べてみました。

SEOの観点からは、ヤフーもGoogleの検索エンジンを使用している為、いずれもほぼ検索順位は同じですので、ヤフーとGoogleの検索シェアは表向き関係ありませんが、リスティング広告(PPC広告とも言います)を利用している場合は、ヤフーとGoogleの検索シェアは重要で気になるところでしょう。

4〜5年前まで、ヤフーとGoogleの検索シェアは、ヤフー:Google=7:3と言われていました。その後、徐々にGoogleの検索シェアは上昇し、2015年の時点では、Googleの検索シェアはヤフーを上回っています。

では、早速、最新の検索シェア(検索サイト別のサイトアクセスシェア)を見てみましょう。
2015年10-11月 と 2016年10-11月 のデータを比較してみることにします。

【ビジネス系ブログ】

2015年10-11月
Google 66.7%
Yahoo! 30.5%
bing 0.8%
その他 2.0%
2016年10-11月
Google 60.3%
Yahoo! 34.0%
bing 4.0%
その他 1.7%

【コーポレートサイト】

2015年10-11月
Google 66.7%
Yahoo! 29.9%
bing 3.0%
その他 0.4%
2016年10-11月
Google 59.2%
Yahoo! 35.5%
bing 3.6%
その他 1.7%

ブログ、コーポレートサイトとも、Googleの検索シェアがヤフーを上回っていますが、1年前に比べるとその差が詰まっていることがわかります。ビジネス系のサイトは、Googleの検索シェアが高めになる傾向がありますので、

一般的なシェアの平均値だと、ヤフー:Google:その他=37:57:6 くらいかと思われます。

まだまだGoogleの検索シェアはヤフーを大幅に上回っていますが、ここ数年は双方のシェアが大きく変動していますので、リスティング広告を現在行なっている、もしくはこれからリスティング広告を検討している場合は、ヤフー・Googleのどちらではなく、両方で行うとシェアの変動に影響を受けずに済むでしょう。

次は「スマホとPCのアクセス比率を計測してみた」を見てみる

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 西南戦争|勝因・敗因

    西南戦争|薩摩軍の敗因

    戦争で勝敗を決める要因として、戦力と指揮官の能力があります。 西南戦争は薩摩士族と政府軍が戦い…
  2. 赤壁の戦い|勝因・敗因

    赤壁の戦い|孫権・劉備軍の勝因

    赤壁の戦いは中国の後漢末期、いわゆる“三国志時代”に起きた戦いです。 魏の曹操が率いる大軍に対…

偉人から学ぶ

  1. ijin_g008

    大河内正敏|偉人列伝

    大河内正敏(おおこうち まさとし)は政治家であり、物理学者です。今回は、理研(理化学研究所)の所長で…
  2. ijin_g007

    川路聖謨|偉人列伝

    川路聖謨(かわじとしあきら)は1801年、豊後国日田(現在の大分県日田市)で日田代官所属吏である父・…
ページ上部へ戻る