ルノアールで見かけた“ネットワークビジネス”に思う

img_g027

ルノアールで見かけた“ネットワークビジネス”に思う喫茶店の店内で商談をしている人たちをよく見かけます。内容は様々ですが、中には怪しそうな“ビジネス”もあります。今回は、都内のルノアールという喫茶店でたまたま見かけた“ネットワークビジネス”について触れてみることにしましょう。

その日、私はアポイントの空いた時間を潰しに待ち合わせ場所の近くにあったルノアールへ入りました。店内はかなり混み合っていて、席間が詰まった座席しか空いていなかったので、そこでコーヒーを飲んでいたのですが、少し後にルノアールの店内へ入って来たビジネスマンたちが隣の座席に座り、商談を始めました。

耳をそばだてて聞いていたわけではありませんが、席間が詰まっていたのと、説明していた男性の声が大きかったので、話は丸聞こえの状態でした。会話から類推すると、どうやら「水素風呂」の販売店がその取次店を勧誘しているようです。

当社にも色々な商材の営業が持ち込まれますが、この手の“ビジネス”にはある共通のセールストークがあります。

  • 商品自体は「新しい技術」「健康に良い」「科学的な根拠がある」がある
  • 売り方としては「ネットワークビジネスではない」「価格がそれほど高くなく売りやすい」
  • 参加するメリットとしては「ストック収入が得られる」「初期投資がなくリスクがない」

という共通点があります。

もちろんセールストーク通りであれば何の問題もないのですが、多くの場合、巧妙にフィルターが掛けられています。

「新しい技術」「健康に良い」「科学的な根拠がある」は、医師や大学教授の個人的な意見だったり、「ネットワークビジネスではない」部分は、確かにお客さんを集めていくのは「ネットワークビジネス」でないけれど、自分の下で動く取次店を作る部分は、結局「ネットワークビジネス」だったり、「リスクがない」ことで相手の営業力を借りて取次店を増やす目的が透けていたり、といった具合です。

で、この日私の隣で繰り広げられていた商談は、まさにこの共通点を全て満たしていました。しきりに「水素社会がまもなく来る」と言っていましたが、「水素社会が来る」ことと「水素風呂が売れる」ことは天と地ほど異なります。

ここからは個人的な考えですが、ネットワークビジネスは論外として、

  • 投資家から資金を募って拡大していくビジネス
  • 他人の営業力を当てにするビジネス
  • 営業マンが饒舌に語るビジネス

は、成功しない、あるいは途中までは成功していてもどこかで破綻する“ビジネス”で経営者は手を出すべきでないでしょう。どんな会社でも、自分の事業領域はプロですが、事業領域以外は単なる素人です。素人が新規事業に参入して成功するほど世の中は甘くないと思うのですが。

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 関ヶ原の戦い|勝因・敗因

    関ヶ原の戦い|東軍の勝因

    関ヶ原の戦いにおける東軍の勝因とは、基本的には前哨戦の部分を含めて考えることで、理解しやすいでしょう…
  2. 赤壁の戦い|勝因・敗因

    赤壁の戦い|孫権・劉備軍の勝因

    赤壁の戦いは中国の後漢末期、いわゆる“三国志時代”に起きた戦いです。 魏の曹操が率いる大軍に対…

偉人から学ぶ

  1. ijin005

    榎本武揚|偉人列伝

    榎本武揚は1836年から1908年まで生存した日本の武士で、化学者や外交官、政治家といった側面も持ち…
  2. ijin_g008

    水野忠邦|偉人列伝

    水野忠邦は「天保の改革」を行った人物としても有名な人ですが、1794年に唐津藩第3代藩主である水野忠…
ページ上部へ戻る