会社名でSEO対策して上位表示させる重要性

img_g004

会社名でSEO対策して上位表示させる重要性今回はホームページでの「会社名のSEO対策」のお話です。
当社ではSEO対策のご依頼をよくいただきますが、サービス名や商材名のキーワードでのSEO対策がほとんどで、会社名でのSEO対策のご依頼はまずありません。

社名でSEO対策をして検索上位表示させても一見役に立たないように見えますが、社名のSEO対策は、実はかなり集客効果が高い ということについて触れてみましょう。

【関連記事:SEOの観点から社名を考える

〜 会社名キーワードでのアクセス 〜
広告を使っていない企業の公式ホームページで見てみると、全アクセスの中でネット検索から流入している割合は 40%〜70% 程度になります。さらにネット検索経由のアクセスの中で社名絡みのキーワードの占める比率は 25%〜30% という数値です。つまり、サイト全体の 10%〜20% のアクセスは、会社名検索からのアクセス なのです。

そして、アクセス数だけではなく、アクセスの質の面でも、サイト滞在時間や直帰率から見た場合、実は他のキーワードからの流入と変わらない、もしくは優れている数値となっています。

● 直帰率とは

直帰率とは訪問者が初めて訪れたページだけ見て、次のページにも遷移せず帰ってしまう(直帰)割合を表す指標で、次の計算で求められます。

直帰率=他のページへ遷移せずに帰った(直帰)アクセス数 ÷ 全てのアクセス数 × 100(%)

一般的に直帰率が高いのは以下のようなサイトです。

  • サイトを訪れた目的とページの内容が異なる
  • ページの表示速度が遅い
  • サイトがUI的に見にくい

サイトから集客する場合、成否に関わる一番大きな要素は「サイトへのアクセス数」です。
この観点から考えると、サービス名や商材名など一般的に思いつくキーワードにSEOを施すよりも、会社名にSEOを施す方が効率よくアクセスを稼げる ことはよくあります。

「同名の会社が多いのでどうせ上位表示できない」とか「会社名での検索順位が上がっても営業電話が増えるだけで、どうせ集客には繋がらない」とおっしゃる企業が多いのですが、会社名での検索上位表示を SEO対策として実践している企業は非常に少ないので、競合相手との兼ね合いで言えば、意外なほど楽に上位表示できる場合が多いのです。

一般的にサイトのメインページには 5つ前後のキーワードを組み合わせたSEO設定をしますが、是非この中の 1つのキーワードは「会社名」の設定をしてみてはいかがでしょうか。

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 赤壁の戦い|勝因・敗因

    赤壁の戦い|孫権・劉備軍の勝因

    赤壁の戦いは中国の後漢末期、いわゆる“三国志時代”に起きた戦いです。 魏の曹操が率いる大軍に対…
  2. 西南戦争|勝因・敗因

    西南戦争|薩摩軍の敗因

    戦争で勝敗を決める要因として、戦力と指揮官の能力があります。 西南戦争は薩摩士族と政府軍が戦い…

偉人から学ぶ

  1. ijin_g006

    緒方洪庵|偉人列伝

    緒方洪庵は、江戸時代後期に医師、蘭学者として活躍した人物です。 緒方洪庵は文化7年、備中国足守…
  2. ijin005

    榎本武揚|偉人列伝

    榎本武揚は1836年から1908年まで生存した日本の武士で、化学者や外交官、政治家といった側面も持ち…
ページ上部へ戻る