起業して生き残る2つのポイントとは

起業

起業して生き残る2つのポイントとは起業とはリスクが高いと言われます。実際、起業して1年以内に35%、3年以内に70%、10年以内に93%の企業が倒産するとの統計もあるくらいです。

その一方で、自分のやりたい生き方をする上で「起業」は有効な手段です。私自身もサラリーマンから独立起業しましたが、自分が思うようにビジネスをしていける“自由”は何物にも代えがたいものだと思いますし、一人でも多くの人にこの“自由”を感じて欲しいとも思います。

そこで、今回は、自らの経験から考える「起業して生き残るポイント」について触れてみましょう。

起業して生き残るだけで大丈夫?と思う方もいるかと思いますが、会社が生き残って事業を続けることはとても重要です。事業を継続していくことで、自社の商品やサービスを購入していただけるお客様は増えていきます。お客様が増えていけば、標準以上のコストパフォーマンスで商品やサービスを提供する限り、リピーターも自然に増えていき、好意的な口コミも増えていきます。真面目に業務と向き合い、コストパフォーマンスに磨きをかけながら、生き残って事業を継続していくことで、より事業規模は拡大していきます。

では、本題に入りましょう。

まず、起業して生き残るための最初のポイントは「差別化」です。

「差別化」は、自社の商品やサービスが売れていくために非常に重要です。他所と同じ商品やサービスを、他所と同じ価格で、他所と同じ満足度で提供していたのでは、お客様は増えていきません。自社の商品やサービスのマーケット人口が増えている時代なら、お客様が増える可能性もありますが、マーケット人口が徐々に減ってシュリンクしている大半の商品やサービスでは、ジリ貧に陥ってしまうだけです。

独自の商品やサービスを開発する「差別化」もありますが、競合他社と同じような商品・サービスを提供していても「差別化」は可能です。例えば、原価を下げて低価格で提供したり、作業工程を見直して、商品・サービスの提供を簡易&スピーディーにすることでも「差別化」はできます。

次に、起業して生き残るための2つ目のポイントは「発信力」です。

いくら良い商品・サービスを提供していても、そのことを消費者が知らなければ、購入には繋がりません。そこで重要となるのが「発信力」です。「発信力」=広告と考えている方も多いのですが、有料広告の中には業種と相性が悪かったり、掛けた広告費が回収できない“ペイしない”広告も数多くあるので要注意です。

自社の「発信力」を高めるには有料広告を使わなくても、インターネットを活用することで自前で「発信力」を高めていくことができます。例えば、消費者が望む情報をブログやホームページに掲載し続けていくことで、インターネット検索を中心にサイトアクセスが増え、“メディア”化したブログやホームページの「発信力」は高まっていきます。そして「発信力」を高めることは、競合他社との「差別化」にも繋がっていきます。

差別化」と「発信力」を磨いていくことで、事業規模に関わらず安定的な成長が期待できます。中小企業だからと諦めるのではなく、中小企業だからこそ「差別化」と「発信力」を意識した企業経営をしていくべきです。

次は「起業からの年数と倒産率を考える」を見てみる

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 関ヶ原の戦い|勝因・敗因

    関ヶ原の戦い|東軍の勝因

    関ヶ原の戦いにおける東軍の勝因とは、基本的には前哨戦の部分を含めて考えることで、理解しやすいでしょう…
  2. 関ヶ原の戦い|勝因・敗因

    関ヶ原の戦い|西軍の敗因

    関ヶ原の戦いとは、戦国時代の末期に当時の日本の諸大名が東西の両陣営に分かれて戦った歴史的な大戦です。…

偉人から学ぶ

  1. ijin005

    榎本武揚|偉人列伝

    榎本武揚は1836年から1908年まで生存した日本の武士で、化学者や外交官、政治家といった側面も持ち…
  2. ijin_g007

    川路聖謨|偉人列伝

    川路聖謨(かわじとしあきら)は1801年、豊後国日田(現在の大分県日田市)で日田代官所属吏である父・…
ページ上部へ戻る