AIDMA(アイドマ)とは?

img_g044

AIDMA(アイドマ)とは?AIDMAとはマーケティング手法の一つとしてよく使われる用語で、「AIDMAの法則」とも呼ばれ、主に小売業界などで商品を相手に購入してもらうための効率的なプロセスをまとめたものです。「AIDMA」は「アイドマ」と読みます。

今回はそんな「AIDMA」について説明してみましょう。

「AIDMA(アイドマ)」は5つのプロセスの頭文字から作られています。
認知や注意を意味する「Attention」、興味や関心の「Interest」、欲求をあらわす「Desire」、記録する「Memory」、行動の「Action」です。「AIDMA」はこれら英語の頭文字を合わせたものになります。

ちなみに記録を意味する「Memory」については、動機の「Motive」が使われる場合もあります。しかし、どちらも同じようなもので、あまりこだわる必要はありません。AIDMAをあらわすときには一般的に「Memory」が使われています。

「AIDMAの法則」は、1920年代にアメリカの学者、サミュエル・ローランド・ホールが提唱した「消費行動」の仮説で、マーケティング論を習う際は必ず出てくるような理論です。日本においては、スタンダードなマーケティング手法の一つといって良いでしょう。

AIDMAの5つのプロセスは、大きく3つに分類されます。認知段階が「Attention」です。感情段階が「Interest」と「Desire」、そして「Memory」になります。最後に行動段階として「Action」が分類されます。認知段階から順に実行するのが基本の流れです。

まず、AIDMAの認知段階(Attention)では、顧客になる消費者に対して自社の商品の存在を知ってもらう努力をします。消費者はまだその商品を知りませんので、知ってもらうには、テレビコマーシャルを流したり、新聞折込チラシを配布するなどの方法をとって商品の認知度を高めていきます。

認知段階での注意点としては、あまりしつこくアピールすると消費者に嫌われるリスクを持つことから、注意しながら自然な形で自社の商品を知ってもらう配慮が必要です。

ページ:

1

2

集客のポイント早わかり

  1. ランディングページ,LP制作

    ネット集客の生命線〜仕事を10秒間で伝えるキャッチフレーズ

    ネット集客をする際、重要なポイントとして、ホームページなどで自社の商品やサービスを短時間でネットユー…
  2. ブログ集客

    ブログ集客で必要な記事数はどのくらい?

    今回はよく聞かれる「ブログは何記事くらい書けば集客できるか?」といったブログ集客で必要な記事数につい…
  3. img_g019

    サイトリニューアルで集客を3倍にした方法

    当社のサービスに、SEO技術を生かした サイトリニューアル というものがあります。 大雑把に言うと…
  4. SEO対策,SEO

    SEO集客に成功する為に大切な3つのこと

    最近、広告の費用対効果が落ちてきているのか、当社のブログをご覧になっている会社様を中心に「広告を極力…
ページ上部へ戻る