BNIとは〜異業種交流会

img_g027

BNIとは〜異業種交流会BNIとは「世界最大規模」を謳う異業種交流会(異業種交流組織)です。BNIはチャプターという組織に別れて活動しており、チャプター内は1業種1社の原則で同業種内での仕事の取り合いが起こらないようになっています。

今回は、異業種交流組織BNIについて、私自身の経験も含めて触れてみましょう。

BNIは、リファーラルというお互いに仕事を紹介し合うシステムになっており、毎週一回、原則早朝に定例会(朝会)があり、その朝会では新入会員や既存会員の事業内容の紹介、リファーラル(紹介)金額の実績などを共有し、紹介によってビジネスにつながった金額をチャプター毎に競い合っています。

BNIのチャプターは、常に増え続けており、新規会員の“リクルート活動”も活発です。

私も起業して異業種交流会に参加するようになって、初めて声を掛けられたのが、BNIの会員でした。その後、様々な異業種交流会に参加してみましたが、BNIの会員に出会わないことはないという印象でした。BNIのチャプター内では、仕事の紹介をし合うのが決まりで、表立った「紹介ノルマ」はないものの、会員毎に紹介金額の発表があるので“紹介ノルマ”のプレッシャーを感じながら活動する必要があります。

BNIのルールとしては、原則として欠席が許されず、経営者本人が欠席する際は誰か代理出席させなければなりません(何度か代理なしに欠席すると退会になってしまいます)。

私は、BNIのチャプターの朝会にチャプターを変えて2度ビジター参加しましたが、

  • 紹介し合うシステム(ネットワークビジネス)が好きではない
  • 当社は少人数の会社なので欠席が許されないルールが守れない
  • “紹介ノルマ”のようなプレッシャーを感じながら仕事をしたくない
  • 他社の紹介活動に精を出すなら、自社の営業活動を頑張る
  • 入会金や月会費が何に使われるかが不透明

などの理由でBNIへの参加をお断りしました。

ちなみにBNIに掛かる費用ですが、私がビジター参加した時は、入会金が10万円で月会費が1万円前後だったように思います。BNIに参加するか否かは、年間で20万円前後を掛ける価値が見いだせるかに掛かっていますが、衣食関連のように日常生活に直結した業種とかであれば、チャプター内の経営者たちやその紹介者である程度の売上は見込めるかもしれません。

あと、BNIは良くも悪くもチャプターという“チーム”で仕事をします。チャプター内の会員の業務スキルや信頼できる人間性かという部分も大きなポイントになってくるでしょう。

次は「異業種交流組織BNIを勧めない3つの理由」を見てみる

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 桶狭間の戦い|勝因・敗因

    桶狭間の戦い|織田信長の勝因

    今回は、有名な武将、織田信長の転機となった桶狭間の戦いについて見てみましょう。桶狭間の戦いでの織田信…
  2. 赤壁の戦い|勝因・敗因

    赤壁の戦い|孫権・劉備軍の勝因

    赤壁の戦いは中国の後漢末期、いわゆる“三国志時代”に起きた戦いです。 魏の曹操が率いる大軍に対…

偉人から学ぶ

  1. ijin_g002

    豊田佐吉|偉人列伝

    豊田佐吉は、後に世界のトヨタと言われ、日本最大のトヨタ自動車の創設者豊田喜一郎氏の父親となる人物です…
  2. 弁護士,弁護士の集客

    花井卓蔵|偉人列伝

    現代には多くの弁護士が存在し、市民のために立ち上がる弁護士や誰も引き受けたがらないような刑事事件の弁…
ページ上部へ戻る