カテゴリー:役立つ用語集

  • img_g043

    AIDCAとは?

    AIDCAとは、注目、関心、欲望、確信、行動といった英単語の頭文字をとったものであり、消費者が実際に消費行動をするまでの心理的なプロセスを、単純なモデルとして提示したものといえます。 AIDCAとは別に、これに類似…
  • img_g019

    PEST分析とは?

    PEST分析とは、企業が経営戦略を決定したり、マーケティングを行うのにあたって利用されるツールのひとつであり、企業をとりまいているマクロ的な環境が、今後どのように変化し、どのように影響をおよぼすのかを見通した上で、適切な…
  • img_g010

    スノップ効果とは?

    スノップ効果とは、マーケティングで使用される用語で、アメリカの学者ハーヴェイ・ライベンシュタインが論文「消費者需要理論におけるバンドワゴン効果、スノッブ効果、およびヴェブレン効果」という書物の中で述べた3つの消費外部性理…
  • img_g044

    バンドワゴン効果とは?

    「バンドワゴン効果」とはマーケティング用語のひとつであり、バンドワゴンとは行列の先頭をいく楽隊車のことを指しています。そしてバンドワゴンに乗るということは時流に乗る・多勢に与するということを意味していることから、バンドワ…
  • 士業

    SWOT分析とは?

    SWOT分析とは、外部環境や内部環境を強み(Strengths)、弱み(Weaknesses)、機会(Opportunities)、脅威(Threats)の4つのカテゴリーで要因分析し、事業環境変化に対応した経営資源の最…
  • img_g019

    AISAS(アイサス)とは?

    AISAS(アイサス)とは認知(Attention)、関心(Interest)、検索(Search)、購買(Action)、情報共有(Share)の頭文字を取ったもので、インターネット時代の消費者による購買行動モデルのこ…
  • img_g017

    キャズム理論とは?

    キャズム理論とはマーケティング用語のひとつとして利用されている理論のひとつで、従来のイノベーター理論における「普及率16%の論理」を否定したマーケティング理論のことを指しています。 キャズム理論の前に、まず、イノベ…
  • img_g034

    イノベーター理論とは?

    イノベーター理論とは、1962年にスタンフォード大学の社会学者であるロジャース氏によって提唱された新製品や新サービスの市場浸透に関する理論です。 毎日多くの新製品や新サービスが生み出されては競争によって消えていく世…
  • img_g044

    確証バイアスとは?

    確証バイアスとは、一言で言うと「自分の先入観に基づき、自分にとって都合が良い情報しか見ず、都合の悪い情報は切り捨ててしまう」傾向を指す心理学上の用語です。 「確証バイアス」は、人間は思い込みから逃れにくいような思考…
  • img_g043

    ハロー効果とは?

    「ハロー効果」とは別名、後光効果、光背効果とも呼ばれ相手の一部分の功績、第一印象などから全体の評価まで高めてしまう認知、思考の歪み、思い込みのことです。 ハロー効果の例ですが、男女の出会いなどで言うと、互いに自分を…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 西南戦争|勝因・敗因

    西南戦争|薩摩軍の敗因

    戦争で勝敗を決める要因として、戦力と指揮官の能力があります。 西南戦争は薩摩士族と政府軍が戦い…
  2. 関ヶ原の戦い|勝因・敗因

    関ヶ原の戦い|西軍の敗因

    関ヶ原の戦いとは、戦国時代の末期に当時の日本の諸大名が東西の両陣営に分かれて戦った歴史的な大戦です。…

偉人から学ぶ

  1. ijin_g007

    川路聖謨|偉人列伝

    川路聖謨(かわじとしあきら)は1801年、豊後国日田(現在の大分県日田市)で日田代官所属吏である父・…
  2. ijin_g007

    鈴木貫太郎|偉人列伝

    鈴木貫太郎は、日本の海軍軍人で、政治家でもあります。また、第42代内閣総理大臣に就任したことでも知ら…
ページ上部へ戻る