DYM炎上4ヶ月〜風評被害や誹謗中傷対策の効果とは

img_g027

DYM炎上4ヶ月〜風評被害や誹謗中傷対策の効果とは「ネット風評被害対策」「ネット誹謗中傷対策」「逆SEO」など様々な呼び方がありますが、世の中にはネット上のネガティブな書き込みを消す(目立たなくする)サービスが存在します。今回お話する DYM社も「ネット風評被害対策」「ネット誹謗中傷対策」「逆SEO」といったサービスを売りにしていた会社でした。

その「ネット風評被害対策」をする DYM社自身がネット炎上するという皮肉な事件を引き起こしてしまいました。それが「タイ全裸事件」です。「タイ全裸事件」とは、タイ中部にある高級リゾート地ホアヒンのビーチで、夜に DYM社の社員など数十人が全裸になって騒ぎ、タイ及び日本国内で問題になった事件です。

当然のように DYM社は 2ちゃんねるなどのネット掲示板や個人ブログ、まとめサイトなど一斉に叩かれ、そういったコンテンツが DYM社関連のキーワードで検索すると多数表示されるようになりました。

その後、DYM社が「ネット風評被害対策」会社としてどのような対策を行うのか、その結果、検索順位はどう変わっていくのか、個人的に興味を持って推移を見守り、早いもので 4ヶ月となります。

【関連記事:炎上した結果・・・DYM社 炎上から3ヶ月

では、事件発生から 4ヶ月が経過し、状況は変わったのでしょうか?

「DYM」でキーワード検索した時のネガティブサイトの検索順位

事件直後:4位,6位
1ヶ月後:4位,5位,6位,9位,10位
2ヶ月後:5位,6位,7位,10位
3ヶ月後:3位,5位,6位,7位,8位,9位,10位
4ヶ月後:2位,3位,5位,6位,7位,8位,9位

どうやら事態は好転するどころか、悪化していっているようです。

実は、ネット炎上が沈静化しそうな時に DYM社は大きなミスを犯してしまい、再炎上してしまいます。そして、再炎上により、ネガティブコンテンツはさらに増え、検索で上位表示されるネガティブ情報が増える結果となってしまいました。

消せば増えるのがネットの書き込み・・・

ページ:

1

2

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 赤壁の戦い|勝因・敗因

    赤壁の戦い|曹操軍の敗因

    赤壁の戦いは、208年に中原を制覇した曹操軍が、孫権・劉備の連合軍と戦った戦いです。 そもそも…
  2. 関ヶ原の戦い|勝因・敗因

    関ヶ原の戦い|東軍の勝因

    関ヶ原の戦いにおける東軍の勝因とは、基本的には前哨戦の部分を含めて考えることで、理解しやすいでしょう…

偉人から学ぶ

  1. ijin_g010

    勝海舟|偉人列伝

    今回は幕末の偉人の一人である勝海舟について触れてみましょう。 勝海舟の人格は父親譲りと言われて…
  2. ijin_g007

    鈴木貫太郎|偉人列伝

    鈴木貫太郎は、日本の海軍軍人で、政治家でもあります。また、第42代内閣総理大臣に就任したことでも知ら…
ページ上部へ戻る