ランチェスター戦略・ランチェスターの法則

ICTとは?ICT」という言葉を目や耳にすることが増えてきました。ICTとは、IT系の技術用語のような気もしますが、どのような内容なのかについて今回は触れてみましょう。

ICTとは、「Information and Communication Technology(インフォメーション アンド コミュニケーション テクノロジー)」の略称で、「情報通信技術」のことです。具体的には、情報処理や通信に関連する技術、産業、設備、サービスなどがICTと呼ばれるものになります。

今日においては、企業が情報通信技術を導入してビジネスの効率性を高めるというのは至極当然のことになってきています。そして、これからはさらに進めて、情報通信技術を使って、いかにクライアントと接点を確立し、利益を出すのかというのがポイントになりつつあります。

そういう観点で進められている技術が「ICT」なのです。

ICTは、既に実際に世の中に浸透し始めています。例えば、かつて、ネットワークに接続可能なデバイスと言えばコンピュータやスマートフォン、タブレット端末のみでしたが、今では家電を含めてあらゆるものが接続できるようになってきました。

スポンサーリンク

エアコンなどはウェブ上から情報を集めて稼働して、室内空間を尚更快適なものにすることが可能になったり、手首に装着する腕時計型のデバイスができ、時刻を知ることしかできなかった時計が、今ではメッセージのやり取りが行えるようになり、パソコンを立ち上げなければわからなかった株価なども瞬時に知ることができるようになっています。

他にも、玄関ドアにICTを使うことで、学校から帰宅した子供がオートロックを解除して入室すると保護者のスマートフォンに帰宅した旨の通知が届くような例もあります。

情報通信技術は、ITとして、これまで業務に関する仕組みを根底から変化させてきました。そして、ITからICTへ時代は変わろうとしています。

ICTにより従来型の製品とインターネットが合体することで、生活面での便利さが増し、かつて企業の業務や働き方を大幅に変えたのと同様に、一般消費者の生活を大きく変えてくれるのではないでしょうか?

スポンサーリンク

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い、残りのシェアを多くの中小企業…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最も単純な戦闘を指すものとなってい…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いていることでしょう。しかし思いだけで…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされるのが「一騎打ち」です。 ランチ…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 赤壁の戦い|勝因・敗因
    赤壁の戦いは中国の後漢末期、いわゆる“三国志時代”に起きた戦いです。 魏の曹操が率いる大軍に対…
  2. 姉川の戦い|織田信長の勝因と浅井氏朝倉氏の敗因
    1570年に起きた姉川の戦いでは、織田信長、徳川家康の連合軍が、浅井長政、朝倉景健の連合軍に勝利し、…
  3. 西南戦争|勝因・敗因
    戦争で勝敗を決める要因として、戦力と指揮官の能力があります。 西南戦争は薩摩士族と政府軍が戦い…
  4. 官渡の戦い|勝因・敗因
    官渡の戦いは、中国の三国志の時代、曹操軍と袁紹軍が戦った戦いです。この戦では兵力的に大きく劣っていた…
  5. 木崎原の戦い|勝因・敗因
    木崎原の戦いは、1572年に九州で起きた島津氏と伊東氏の間の戦いです。約十倍の兵力を相手にした島津軍…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
  2. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
  3. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
  4. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
  5. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
ページ上部へ戻る