「二次会でセクハラ」で賠償命令に見る企業の危機管理

「二次会でセクハラ」で賠償命令に見る企業の危機管理先日、新入社員歓迎会の二次会に参加していた女性の派遣社員が男性社員からセクハラを受けたとして、男性社員と会社を相手取る裁判を起こし、その訴えが認められ、男性社員と会社が女性に損害賠償を支払う事案が発生 しました。

会社側としては、勤務外、職場外の事案であり無関係であると主張していましたが、この新入社員歓迎会はこの直前に入社した被害女性などを歓迎するために行われており、職務と密接に関係するものであったと裁判で判断され、会社の責任が認められました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

セクハラを巡る企業の危機管理は年々しっかりしたものになっており、セクハラの講習会が多くの企業で行われるなど、どういうものがセクハラになるのかという説明や言動の確認がなされています。そのため、直接的なセクハラはもちろんのこと、ちょっとした女性社員への言動にも男性社員が気を使うという光景が見られています。

しかし、職場から離れ、酒の場やレクリエーションの場においてこうした意識が希薄になってしまったり、地方や中小企業を中心にいまだセクハラに対する認識の低さが見られるなど、徹底されていないのも現状です。特に、こうした二次会において会社の責任が認定されるということは企業にとっては由々しき事態であり、早急に対処しなければなりません。

男女雇用機会均等法では、企業に対してセクハラ防止の措置が行われることを義務付けています。
それは派遣労働者に対しても同じであり、受け入れ先の企業は自社社員と同じようにセクハラ防止の措置をしなければならないのです。
また、勤務時間外のセクハラに関しても、身体的な接触や性的な発言はセクハラになり、職務上は上司であるという地位を利用して行われているため、仮に勤務外であったとしても業務に関連して行われたとみなされます。

スポンサーリンク

一方、酒を飲むことを強要したり、二次会参加を強く促す行為は程度により、それら全てがセクハラとなるわけではありません。逆に言えば、このあいまいな部分こそが企業の危機管理が問われる大事な要素になります。飲酒の強要も二次会参加の強制も企業内の力関係をつい行使して行われる部分が少なからずあります。今まで大丈夫だったからと安易に考えていると、セクハラとして裁判に持ち込まれる可能性があり、裁判になりニュース等で取り上げられると個人の責任にとどまらず、会社の責任も問われかねない事案です。今後は、企業としても何らかの対応をしておく必要があり、その環境づくりに本気にならなければなりません。

営業など体育会系的な雰囲気の職場などでは、なかなかセクハラを根絶していくのは難しいかもしれませんが、大人として紳士的な対応を取っていくことは会社のイメージアップにつながることを常日頃教育していくことから始めていく必要があるのかもしれません。

スポンサーリンク

本日のおすすめ記事はこちら

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 鳥羽伏見の戦い|勝因・敗因
    鳥羽伏見の戦い 新政府軍の勝因 鳥羽伏見の戦いは、慶応4年、明治元年に開始された旧幕府勢力の終…
  2. 官渡の戦い|勝因・敗因
    官渡の戦い 袁紹軍の敗因 官渡の戦いは、西暦200年の三国時代に起こった圧倒的な大軍を抱える袁…
  3. 鳥羽伏見の戦い|勝因・敗因
    鳥羽伏見の戦い 旧幕府軍の敗因 鳥羽伏見の戦いとは、新政府軍が勝利して、旧幕府軍が敗退すること…
  4. 井陘の戦い(せいけいの戦い)|韓信の勝因と趙軍の敗因
    井陘の戦い(せいけいの戦い)勝因と敗因 井陘の戦い(せいけいの戦い)とは、紀元前204年10月…
  5. 第二次長州征伐|長州藩の勝因と幕府軍の敗因
    第二次長州征伐 長州藩の勝因 第二次長州征伐とは、徳川幕府が長州藩の討伐に乗り出した江戸時代後…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    孫子の五事 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
  2. 孫子の兵法
    上兵は謀を伐つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 …
  3. 孫子の兵法
    彼を知り己を知れば百戦危うからず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた…
  4. 孫子の兵法
    百戦百勝は善の善なるものに非ず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  5. 孫子の兵法
    算多きは勝ち、算少なきは勝たず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
ページ上部へ戻る