からしとマスタードの違いとは?

からしとマスタードの違いとは?

からしとマスタードの違い

からしもマスタードもアブラナ科のカラシナ種子を原料として作られている香辛料というのは一緒ですが、からしとマスタードの違いは、この原料のカラシナの種子の種類によって異なってきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

カラシナの種子のオリエンタルマスタードシードを使用したものは「和がらし」で、イエローマスタードシードから作ったものは「洋がらし」です。そして、洋がらしに酢、塩、砂糖、ターメリック、はちみつ、小麦粉などを加えて調味したものがマスタードとなります。マスタードは加熱して辛味を抑えている製品も発売されています。

和がらしの原料となるオリエンタルマスタードシードは粒が小さく濃い黄色をしています。粉にして水を加えるとアリル芥子油という成分が生じます。鼻につーんとくつ辛さはこの成分によるものです。

一方、マスタードの原料となるイエローマスタードシードは粒が小さくで薄い黄色です。水分を加えるとアリル芥子油ではなく、辛味が薄いベンジル芥子油が生じます。洋がらしは辛味がマイルドになっていて、マスタードはこの洋がらしに酢などを加えて作られているので、辛味はかなり抑えられているのです。

スポンサーリンク

カラシナ種子にはブラックマスタードシード、ブラウンマスタードシードと呼ばれる種類もあります。粒マスタードに入っている黒や褐色の粒はこれらの種子で、辛さは強くなっていることが多いです。

ちなみに、市販されているからしは、和がらしと洋がらしをブレンドしたものが多く発売されています。和がらしと表示されている商品は、和がらしが主原料になっているのでより強い辛さが欲しいときはこちらの商品を選ぶようにしましょう。

和がらしは冷やし中華、おでんなどによく使用されていて日本の食卓には欠かせないものとなっています。一方、マスタードは和がらしに比べると辛さがマイルドなので、マヨネーズやドレッシング感覚でも使用することが可能です。ホットドックにケチャップと同じように使用して食べられることが多いです。マスタードは、ハムやソーセージなどの肉類との相性も抜群です。

スポンサーリンク

本日のおすすめ記事はこちら

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則 ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 鳥羽伏見の戦い|勝因・敗因
    鳥羽伏見の戦い 旧幕府軍の敗因 鳥羽伏見の戦いとは、新政府軍が勝利して、旧幕府軍が敗退すること…
  2. アウステルリッツの戦い|勝因・敗因
    アウステルリッツの戦い ナポレオン軍の勝因 アウステルリッツの戦いとは、1805年12月2日に…
  3. 鳥羽伏見の戦い|勝因・敗因
    鳥羽伏見の戦い 新政府軍の勝因 鳥羽伏見の戦いは、慶応4年、明治元年に開始された旧幕府勢力の終…
  4. 官渡の戦い|勝因・敗因
    官渡の戦い 袁紹軍の敗因 官渡の戦いは、西暦200年の三国時代に起こった圧倒的な大軍を抱える袁…
  5. 官渡の戦い|勝因・敗因
    官渡の戦い 曹操軍の勝因 官渡の戦いは、西暦2006年、有名な「三国志」の時代に曹操軍と袁紹軍…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    上兵は謀を伐つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 …
  2. 孫子の兵法
    彼を知り己を知れば百戦危うからず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた…
  3. 孫子の兵法
    兵は拙速を聞くも、未だ功の久しきをみざる 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武…
  4. 孫子の兵法
    算多きは勝ち、算少なきは勝たず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  5. 孫子の兵法
    戦いは正を以って合い、奇を以って勝つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
ページ上部へ戻る