そのブログは必要ですか?開業や新規事業展開でホームページを制作する場合、「ホームページにブログ機能を付ける」というご要望をよくいただきます。

先日も士業の先生が数人集まって新会社設立&新規事業を行うとのことで、「ブログ機能を付けたホームページの見積り」の依頼がありました。

話を伺うと、「集客の為に、共同で事業する人達が交代で新規事業に関連する記事をブログに書いていく」とのこと。さらに「週1ペースで3ヶ月ほどブログを書けばアクセスは出てきて、集客できると思っている」ということでしたが・・・。

この話には3つの大きな問題があります。

第一に、週1ペースで3ヶ月ブログを続けてもほとんどアクセスがない と予想されること。

基本的にブログでアクセスを集めて集客につなげていこうとするなら、半年間毎日1000文字程度ブログ記事を更新する覚悟が必要です。

第二に、実際に実務経験が豊富にあるのならともかく、実務経験がなく新たに始める事業の場合、ブログ記事に書く “ネタ” はすぐに尽きてしまいます。

第三に、ブログ更新の担当者を定めず交代で記事を書く場合、記事の入稿が遅れたり、記事を書くことを忘れる人がいたりでなかなか想定していたスケジュールで書くことができません。

そういった場合には、責任者が代わりにブログを書くことになりますが、そこまでの熱意と信念を持ってブログ集客に取り組める人はほとんどいないのが実情です。

ということで、今回のケースでは、これらの問題点を指摘させていただき、当初は ブログ機能をホームページに付けない ことで落ち着きました。

まず、交代で毎日1000文字程度の記事を3ヶ月ほど書いてみて、実際に書くことができたら、ブログ機能を作り、書き溜めた記事をブログに掲載していけばよいのです。

職業柄、様々なホームページを目にしますが、10個くらいの記事で更新を止めてしまっているブログページはかなりあります。わざわざ有料のブログ機能を付けて、ホームページの更新が停滞しているマイナスイメージをサイト訪問者に植え付けるのは得策ではありません。

御社でも、安易な気持ちでブログに手を出さず、ブログ集客に成功するだけの体制作りと準備をしてからチャレンジすることをおすすめします。

ブログ集客がわかる!・・・

次は「ブログ集客の情報一覧」を見てみる

スポンサーリンク

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則 ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 姉川の戦い|織田信長の勝因と浅井氏朝倉氏の敗因
    姉川の戦い 勝因と敗因 1570年に起きた姉川の戦いでは、織田信長、徳川家康の連合軍が、浅井長…
  2. マラトンの戦い
    マラトンの戦い ギリシャ連合軍の勝因 今を遡ること2500年以上前、紀元前490年9月12日。…
  3. 第二次長州征伐|長州藩の勝因と幕府軍の敗因
    第二次長州征伐 長州藩の勝因 第二次長州征伐とは、徳川幕府が長州藩の討伐に乗り出した江戸時代後…
  4. ゲティスバーグの戦い|勝因・敗因
    ゲティスバーグの戦い 北軍の勝因 ゲティスバーグの戦いとは、1836年7月1日から7月3日に起…
  5. 官渡の戦い|勝因・敗因
    官渡の戦い 袁紹軍の敗因 官渡の戦いは、西暦200年の三国時代に起こった圧倒的な大軍を抱える袁…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    戦いは正を以って合い、奇を以って勝つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  2. 孫子の兵法
    孫子の五事 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
  3. 孫子の兵法
    百戦百勝は善の善なるものに非ず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  4. 孫子の兵法
    算多きは勝ち、算少なきは勝たず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  5. 孫子の兵法
    彼を知り己を知れば百戦危うからず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた…
ページ上部へ戻る