イノベーター理論とは?イノベーター理論とは、1962年にスタンフォード大学の社会学者であるロジャース氏によって提唱された新製品や新サービスの市場浸透に関する理論です。

毎日多くの新製品や新サービスが生み出されては競争によって消えていく世の中ですが、中には非常に素晴らしい技術や部材を採用していたり、消費者ニーズと合致していながらも広まらないものも多くあります。そういった本来マーケットに受け入れられるはずの商品やサービスのヒントがイノベーター理論にはあり、イノベーター理論を応用できれば新製品や新サービスの立ち上げがうまくいく可能性が高くなります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

このように新製品や新サービスの市場への広まり方を表したモデルでもあるイノベーター理論は、社会学の観点から市場に広まるメカニズムと言えます。そして、イノベーター理論は、市場に新製品や新サービスが広まる中で、それを受け入れる人々の価値観を市場の広まりの段階別に5つに分類しているのが特徴です。

イノベーター理論の5つの分類が、「イノベーター(革新者)」、「アーリーアダプター(初期採用者)」、「アーリーマジョリティ(前期追随者)」、「レイトマジョリティ(後期追随者)」、「ラガード(遅滞者)」の5つです。

新製品や新サービスが発売されると進んで採用する人々の層なのが「イノベーター(革新者)」で、好奇心が強く、ハイテク好きなオタク層に多いとされています。この層の購買行動に関しては、商品の目新しさ、商品の革新的な特徴を重視しするために、商品における利用メリットなどは、ほとんど興味がないとされており、市場全体の2.5%を占めます。

スポンサーリンク

社会と価値観を共有しているものの、流行には敏感で自ら情報収集を行い判断する層が「アーリーアダプター(初期採用者)」とされています。この層では新しい商品の具体的な利用メリットに着目し、良いと判断したものを積極的に購入しますので、市場への影響力は大きいと考えられています。またこの層の反応如何によって、市場へ広まるかどうか左右されると考えられており、市場全体の13.5%を占めます。

新しい製品やサービスなどには慎重な層なのが「アーリーマジョリティ(前期追随者)」で、慎重ですが全体の平均よりも早くに新しいものを取り入れています。そしてこの層が市場へ大きく広まるかどうかのカギを握るとされており、市場全体の34%を占めます。

新しいものを取り入れるには疑義的な層なのが「レイトマジョリティ(後期追随者)」で、周囲の大多数が使用していると確証を得てから同じ選択をします。この層は市場全体の34%を占めます。

そして、最も保守的な層が「ラガード(遅滞者)」で、流行や世の中の動きに関心が薄いとされ、イノベーションが伝統化するまで取り入れないとされています。市場全体では16%を占めます。

【イノベーター理論 5つの分類のまとめ】
・イノベーター(革新者):2.5%
・アーリーアダプター(初期採用者):13.5%
・アーリーマジョリティ(前期追随者):34%
・レイトマジョリティ(後期追随者):34%
・ラガード(遅滞者):16%

このイノベーター理論は、半世紀以上経った現在でも、製品ライフサイクルや市場分析などに多く活用されています。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

本日のおすすめ記事はこちら

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則 ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦 ロシア軍の敗因 奉天会戦は、日露戦争における最後の会戦です。中国の奉天(現在の瀋陽)…
  2. アウステルリッツの戦い|勝因・敗因
    アウステルリッツの戦い ナポレオン軍の勝因 アウステルリッツの戦いとは、1805年12月2日に…
  3. ゲティスバーグの戦い|勝因・敗因
    ゲティスバーグの戦い 南軍の敗因 ゲティスバーグの戦いとは、1836年7月1日から7月3日にか…
  4. 姉川の戦い|織田信長の勝因と浅井氏朝倉氏の敗因
    姉川の戦い 勝因と敗因 1570年に起きた姉川の戦いでは、織田信長、徳川家康の連合軍が、浅井長…
  5. 関ヶ原の戦い|勝因・敗因
    関ヶ原の戦い 東軍の勝因 関ヶ原の戦いとは、1600年10月21日に現在の岐阜県関ヶ原町で行わ…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    戦いは正を以って合い、奇を以って勝つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  2. 孫子の兵法
    兵は拙速を聞くも、未だ功の久しきをみざる 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武…
  3. 孫子の兵法
    上兵は謀を伐つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 …
  4. 孫子の兵法
    百戦百勝は善の善なるものに非ず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  5. 孫子の兵法
    算多きは勝ち、算少なきは勝たず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
ページ上部へ戻る