ゲティスバーグの戦い|南軍の敗因

ゲティスバーグの戦い|勝因・敗因

ゲティスバーグの戦い|南軍の敗因ゲティスバーグの戦いとは、1836年7月1日から7月3日にかけて、現在のアメリカ合衆国ペンシルベニア州アダムズ郡近郊で行われた南北戦争の戦いの一つです。

今回は、ゲティスバーグの戦いにおける南軍の敗因について考えてみましょう。

まず、南北戦争とは、アメリカ合衆国(北軍)とアメリカ連合国(南軍)の間で勃発した戦いで、前者は奴隷制廃止を狙う北部23州、後者は奴隷制存続を訴える南部11州で構成されていました。

それぞれの総司令官は北軍側がジョージ・ミード、南軍側はロバート・E・リーで、ゲティスバーグの戦いに至るまで、北軍は劣勢にありました。北軍は、特にチャンセラーズヴィルの戦いにおいて南軍に敗北を喫したことによって、ボルティモアやフィラデルフィアを失う可能性すらあったのです。

そうした南軍優位の中で起こったゲティスバーグの戦いでなぜ南軍は敗れたのか、南軍の敗因とは一体何なのかについて時系列を追って紹介していきましょう。

7月1日の午前5時過ぎに起きた、南軍の歩兵と北軍の騎兵との小競り合いが原因で、大規模な戦闘が始まりました。

この時点では南軍は兵力的には優っており、北軍側の第一軍団司令官であるジョン・F・レイノルズ将軍を、砲撃により戦死に追い込むことにも成功し、午後になると防衛ラインの突破に至りました。

しかし、ここから北軍が力を盛り返してきます。南軍の最大の敗北の原因は、この北軍の勢いを取り返すことにつながった、北軍のウィンフィールド・スコット・ハンコック将軍にあると言えるでしょう。

北軍は、防衛戦闘に優れているハンコック将軍に5つの主要な防衛線(カルプス・ヒル、セミタリー・ヒル、セミタリー・リッジ、リトル・ラウンド・トップ)を築くことを許してしまいます。

スポンサーリンク

北軍のミード司令官は依然として現場に到着しておらず、一方で南軍のリー司令官はすでに現場に到着していました。しかしリー司令官は、結局防御線の構築を阻止することができません。防衛線が完成する前に配下のリチャード・イーウェル将軍に命令を出したのですが、イーウェル将軍は攻撃を仕掛けることはしませんでした。

これはリー司令官の命令が曖昧であったこと、それからイーウェル将軍が南軍の損害を過大に評価していたことが原因です。

そして、みすみす北軍に防衛線を築かせてしまったことが、その後の勝敗に大きな影響を与えてくるのです。

2日目に入って南軍にも勢力を盛り返すチャンスが、北軍のダニエル・シックルズ将軍の愚策によってもたらされました。これによってリトル・ラウンド・トップ防衛線を陥落させる可能性が出てきたのです。しかしながら、結果的にはそれはできませんでした。

ゲティスバーグの戦いで最も激しい戦闘の行われた、この防衛線をめぐる衝突は、北軍の総司令官ミード将軍の巧みな指揮によって、南軍の攻撃は食い止められ、その後有利になることはなく南軍は敗退します。

そして、鉄道や主要道路が走っており、補給や部隊増強において重要な拠点であったゲティスバーグで敗退した南軍は、南北戦争で次第に劣勢に立たされていくことになります。

このように見ていくと、戦力的には拮抗していた北軍と南軍の明暗を分けた最大の要因は、司令官の能力の差だったと言えるでしょう。

日本・世界の主要な戦いの勝因・敗因がここに・・・

次は「戦いの勝因・敗因一覧」を見てみる

スポンサーリンク

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第1法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最も単純な戦闘を指すものとなってい…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされるのが「一騎打ち」です。 ランチ…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です。 弱者ならばランチェスター…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い、残りのシェアを多くの中小企業…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 官渡の戦い|勝因・敗因
    官渡の戦いでは圧倒的な大軍を抱える袁紹軍とそれに挑む曹操軍との間の戦争なのですが、兵糧の枯渇に苦しん…
  2. 西南戦争|勝因・敗因
    戦争で勝敗を決める要因として、戦力と指揮官の能力があります。 西南戦争は薩摩士族と政府軍が戦い…
  3. 赤壁の戦い|勝因・敗因
    赤壁の戦いは中国の後漢末期、いわゆる“三国志時代”に起きた戦いです。 魏の曹操が率いる大軍に対…
  4. 官渡の戦い|勝因・敗因
    官渡の戦いは、中国の三国志の時代、曹操軍と袁紹軍が戦った戦いです。この戦では兵力的に大きく劣っていた…
  5. 鳥羽伏見の戦い|勝因・敗因
    鳥羽伏見の戦いとは、新政府軍が勝利して、旧幕府軍が敗退することとなった戦いです。その後の戊辰戦争の始…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
  2. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
  3. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
  4. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
  5. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
ページ上部へ戻る