コーポレートサイトで最も重要なキーワードとは?

コーポレートサイトで最も重要なキーワードとは?今回は「コーポレートサイトで最も重要なキーワード」について書いてみることにします。

SEOで集客を目指す際、皆さんは「コーポレートサイトで最も重要なキーワード」と聞いてどんなキーワードを連想するでしょうか?

自社のサービス名?、商品名?、業種名?、それとも業種名+地名?

確かにSEOで集客する上で、これらはどれも重要なキーワードです。でも実は、もっと集客につながるアクセスを生み出してくれるキーワードがあります。コーポレートサイトからSEOで集客する際にその最も重要となるキーワードとは、

自社の社名 です。

スポンサーリンク

もっと重要なキーワードが「社名」と聞いて、えっ!と思われるかもしれません。
当社では、数十社の会社様のサイトをお預かりして、定期的にアクセスを注視していますが、コーポレートサイトを運用する時、一般的な会社であれば、この「社名」キーワードが一番アクセスを生むことが多いのです。

一方、コーポレートサイトでSEOを使った集客を行う場合、サービス名や商品名などの陰で一番なおざりになってしまうキーワードが、この「社名」でもあります。お客様とお話ししていると「社名で検索する人なんてほとんどいないでしょ」とおっしゃる方がいますが、もったいないとしか言いようがありません。

もし、御社がコーポレートサイトを使って集客をしたいとお考えなら、是非SEOの設定キーワードの一番最初に「社名」を入れてみることをお勧めします。

ちなみに最近、「株式会社ABC」のような英語・ローマ字表記の社名をつける例が増えてきていますが、SEO対策の観点から考えると、英語(もしくはローマ字)、カタカナで社名の検索数が分散し、それぞれに対応するには社名で2つのキーワードを用意しなければなりません。SEOで設定するキーワード数には限りがあります(通常は3〜5個)ので、そのうちの2個を社名で占めてしまうのはもったいないので、できればカタカナや漢字などの日本語表記がお勧めです。

スポンサーリンク

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最も単純な戦闘を指すものとなってい…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされるのが「一騎打ち」です。 ランチ…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です。 弱者ならばランチェスター…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い、残りのシェアを多くの中小企業…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 木崎原の戦い|勝因・敗因
    木崎原の戦いは、1572年に九州で起きた島津氏と伊東氏の間の戦いです。約十倍の兵力を相手にした島津軍…
  2. 鳥羽伏見の戦い|勝因・敗因
    鳥羽伏見の戦いは、慶応4年、明治元年に開始された旧幕府勢力の終焉を決定づける戊辰戦争の口火となった戦…
  3. 桶狭間の戦い|勝因・敗因
    桶狭間の戦いで今川軍が負けたのは、「今川義元の油断」と長らく言われてきました。ですが、最近ではその通…
  4. 官渡の戦い|勝因・敗因
    官渡の戦いでは圧倒的な大軍を抱える袁紹軍とそれに挑む曹操軍との間の戦争なのですが、兵糧の枯渇に苦しん…
  5. 三方ヶ原の戦い|高田信玄の勝因と織田・徳川軍の敗因
    三方ヶ原の戦いとは、1573年に遠江国(現在の静岡県)で起きた徳川・織田連合軍と武田信玄の間の戦いで…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
  2. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
  3. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
  4. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
  5. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
ページ上部へ戻る