士業

ゴーイングコンサーンとは?

ゴーイングコンサーンとは

企業活動におけるゴーイングコンサーンとは、企業が将来にわたって半永久的に継続することを前提とする考え方です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ここでは、実際に具体的な「ゴーイングコンサーン」の例を見てみることにしましょう。

例えば、自動車会社が国内の生産が頭打ちになるのを見越して新興国市場に進出したり、自動運転が今後主流になるとの読みで、人工知能を研究している大学と共同研究を始めたり、人工知能を研究しているベンチャー企業に出資したりすることは「ゴーイングコンサーン」の代表的な例です。

また、今事業の基軸としている分野が今後競争が激しくなる、利益が得づらくなるとの読みで、違う分野に投資を始めるという場合も「ゴーイングコンサーン」に基づく企業継続の努力と言えるでしょう。最近だと携帯会社が格安スマホなどの参入で、携帯電話で収益を確保するのが今後難しくなるとの読みから、人口知能やロボットなどの分野に進出するというニュースもありました。

スポンサーリンク

また、新しい分野に進出しなくても、今行っている主力事業を半永久的に継続させる努力も「ゴーイングコンサーン」では大切です。

ある炭酸飲料の会社は、レシピの特許をとらず秘密にして、自らのブランドイメージを高めることによって、事業を継続させていこうと考えています。また、レシピを公開していないフライドチキンのメーカーも、先程の炭酸飲料の会社と同じと言えます。

また、人々がガムを噛まなくなる事は起こりえないとして、ガムの商品をひたすら作っているメーカーもそうでしょう。これは、将来的に半永久的に続くであろう人間の習慣を基本として、商品を組み立てて行くパターンです。この場合は他社が自社よりも優れた商品を販売してお客を失わない事を防いだり、人々がガムを噛む習慣がなくならないようにマーケティングすることが、企業を継続する上で重要です。

企業継続にはコストダウンなども含め、自社の商品やサービスに磨きをかけることや、未来を先読みして投資をし、未来永劫企業が継続していけるように努力して行く事が企業活動における「ゴーイングコンサーン」と言えるでしょう。

スポンサーリンク

本日のおすすめ記事はこちら

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. ワーテルローの戦い|勝因・敗因
    ワーテルローの戦い ナポレオン軍の敗因 ワーテルローの戦いは、1815年6月18日に起きたフラ…
  2. 西南戦争|勝因・敗因
    西南戦争 西郷隆盛の敗因 西南戦争とは、1877年に薩摩士族が起こした大規模な反乱です。薩摩士…
  3. 木崎原の戦い|勝因・敗因
    木崎原の戦い 島津軍の勝因 木崎原の戦いは、1572年6月14日に南九州で起きた島津氏と伊東氏…
  4. 第二次長州征伐|長州藩の勝因と幕府軍の敗因
    第二次長州征伐 長州藩の勝因 第二次長州征伐とは、徳川幕府が長州藩の討伐に乗り出した江戸時代後…
  5. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦 日本軍の勝因 奉天会戦は日露戦争における最後であり最大の会戦です。 大日本帝国…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    善く戦うものは、勝ち易きに勝つ者なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  2. 孫子の兵法
    勝つべからざる者は守なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書で…
  3. 孫子の兵法
    兵は拙速を聞くも、未だ功の久しきをみざる 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武…
  4. 孫子の兵法
    彼を知り己を知れば百戦危うからず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた…
  5. 孫子の兵法
    孫子の七計 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
ページ上部へ戻る