ネット集客の生命線〜仕事を10秒間で伝えるキャッチフレーズ

ランディングページ,LP制作

ネット集客の生命線〜仕事を10秒間で伝えるキャッチフレーズネット集客をする際、重要なポイントとして、ホームページなどで自社の商品やサービスを短時間でネットユーザー(お客様予備軍)に伝えなければなりません。

インターネットを使うユーザーは一瞬でホームページなどのWebサイトの情報を取捨選択することに慣れています。さらに言うなら、ページを見た「最初の10秒」で自分にとって必要な情報かどうかを判断し、その情報が不要であったり、よくわからなければ、そのまま通り過ぎていきます。

つまり、ホームページを使って自社の商品やサービスの集客をしたい場合、まず自社の商品やサービスを端的に10秒以内で伝える「キャッチフレーズ」、いわゆる「何屋さん」かをシンプルに伝えることが非常に大切となってくるわけです。

さらに、ホームページの中でも特にランディングページ(集客専用のホームページの一種で1ページ縦長の形状のもの)では「最初の10秒」で何を伝えられるかは集客の大きく左右する生命線と言えます。10秒間で自社の仕事をサイト訪問者に伝えることができなければ、“販売機会”を逃してしまい、思うような集客を上げていくことはできません。

スポンサーリンク

それだけ自社の仕事を端的に伝える「キャッチフレーズ」は重要なものですが、「最初の10秒」で伝える「キャッチフレーズ」が重要なのは、ホームページなどを使ったネット集客だけではありません。例えば、名刺交換する際にも「最初の10秒」に自社の仕事を相手にどう伝えるかは非常に重要だと思います。

「自社の商品やサービス、そして商品やサービスの強みなどの特徴をいかに10秒間にまとめるか?」が抜け落ちたまま集客がうまくいかないと嘆いている会社を数多く見かけます。自社の特徴や“売り”を端的にまとめるところから、集客は始まります。

御社の特徴や“売り”を端的に表す「キャッチフレーズ」は決めていますか?そして、その「キャッチフレーズ」は抽象的ではないですか?全社員に共有化できていますか?

スポンサーリンク

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いていることでしょう。しかし思いだけで…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い、残りのシェアを多くの中小企業…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認識した上で価値ある手立てで行うのが、競…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最も単純な戦闘を指すものとなってい…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 鳥羽伏見の戦い|勝因・敗因
    鳥羽伏見の戦いは、慶応4年、明治元年に開始された旧幕府勢力の終焉を決定づける戊辰戦争の口火となった戦…
  2. アウステルリッツの戦い|勝因・敗因
    アウステルリッツの戦いとは、1805年12月2日にオーストリア領(現チェコ領)モラヴィアにある、ブル…
  3. 桶狭間の戦い|勝因・敗因
    桶狭間の戦いで今川軍が負けたのは、「今川義元の油断」と長らく言われてきました。ですが、最近ではその通…
  4. 姉川の戦い|織田信長の勝因と浅井氏朝倉氏の敗因
    1570年に起きた姉川の戦いでは、織田信長、徳川家康の連合軍が、浅井長政、朝倉景健の連合軍に勝利し、…
  5. トラファルガーの海戦|イギリス海軍の勝因とフランス・スペイン連合艦隊の敗因
    トラファルガーの海戦は、1805年にスペインのトラファルガー岬沖で行われた海戦です。 この当時…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
  2. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
  3. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
  4. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
  5. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
ページ上部へ戻る