ノイジーマイノリティとは?ノイジーマイノリティとは、少数派にもかかわらず、主張が攻撃的なまでに激しいため、異様に目立っている人々を指します。いわゆるクレーマーなどは、これに近いものがありますが、しばしば政治的主張を繰り返すことが、大きな違いとなります。

ノイジーマイノリティが生まれた背景には、情報技術の発達により、誰もが主張者になれることがあげられるでしょう。実際、SNSでの呟きが、世界中で拡散されるといったことも、決して珍しくなくなりました。

また、人間には他者に認められたいという社会的欲求もあり、これがノイジーマイノリティのあり方に、拍車をかけています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ノイジーマイノリティの行動は、とにかく執拗に非難を続けることに尽きます。自分が否定するものに対しては、事実も虚偽もないまぜにしながら、あらゆる手段で糾弾しようとします。SNSで付きまとい、議論の名を借りた、一方的な言いがかりに引きずりこもうとします。相手にすれば、無理難題をふっかけ、無視すれば、議論から逃げたと言いふらすのが習性です。時には、電話や手紙なども駆使し、ついには職場などに押しかけることさえあります。

ノイジーマイノリティの目的は、相手を否定することのみにありますから、たとえ謝罪したとしても引き下がりはしません。さらに要求はエスカレートし、場合によっては、団体の解散や、自死を強要するまでに至るのです。このようにノイジーマイノリティとは、極度のヒステリー症状といえます。

あくまで彼らは少数派ですが、その言葉が一度拡散されてしまえば、真実であるなしにかかわらず、攻撃を受ける側のダメージは少なくありません。「ポスト真実(post-truth)」という言葉が欧米で話題となったように、そのような声が、世論を左右することさえ珍しくなくなりました。

では、ノイジーマイノリティという存在に対して、どのような対抗手段が考えられるのでしょうか?

それは、きちんと正しい声をあげるということです。クレームは声に出しやすい一方、褒めることを、なかなか日本人はしません。その結果、クレーマーの声のみが反映されてきたのが、今までの社会でした。しかしこれからは、もっと企業や個人を褒め称える声を発信し、ノイジーマイノリティの声を相対的に抑えていくことが大切です。

また、ノイジーマイノリティによって非難に晒されたとしても、あくまで少数意見であることを念頭におき、冷静な対処を心がけるべきです。

スポンサーリンク

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦 日本軍の勝因 奉天会戦は日露戦争における最後であり最大の会戦です。 大日本帝国…
  2. ゲティスバーグの戦い|勝因・敗因
    ゲティスバーグの戦い 南軍の敗因 ゲティスバーグの戦いとは、1836年7月1日から7月3日にか…
  3. 鳥羽伏見の戦い|勝因・敗因
    鳥羽伏見の戦い 新政府軍の勝因 鳥羽伏見の戦いは、慶応4年、明治元年に開始された旧幕府勢力の終…
  4. アウステルリッツの戦い|勝因・敗因
    アウステルリッツの戦い ナポレオン軍の勝因 アウステルリッツの戦いとは、1805年12月2日に…
  5. 官渡の戦い|勝因・敗因
    官渡の戦い 袁紹軍の敗因 官渡の戦いは、西暦200年の三国時代に起こった圧倒的な大軍を抱える袁…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    算多きは勝ち、算少なきは勝たず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  2. 孫子の兵法
    風林火山 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その…
  3. 孫子の兵法
    孫子の七計 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
  4. 孫子の兵法
    勝兵は鎰を以て銖を称るがごとく 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  5. 孫子の兵法
    上兵は謀を伐つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 …
ページ上部へ戻る