バーナム効果とは?

バーナム効果とは

バーナム効果とは、血液型や占いによる性格診断などをまさに自分のことだと思い込んでしまうような心理的な現象のことを指します。そして、誰しもが、この「バーナム効果」の影響を受けています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

認知バイアス(ある対象を評価する際に、自分の利害や希望に合致した内容に考えが歪められたり、対象の印象に引きずられて全体の評価が歪められる現象」と同様に「バーナム効果」は、思い込みや恐怖心から引き起こされる傾向が強いと言われています。

今回は、日常生活の中で生じる「バーナム効果」について具体例を挙げて、なぜ必要とされているのかを説明していきたいと思います。

多くの企業は商品やサービスの需要を高めるために、ある先入観を大衆に流し込みます。例えば、企業がコマーシャルを流して、なるべく人々に商品を見てもらおうと考えているのもそうです。

スポンサーリンク

健康食品などのCMで「今健康だと思っているそこのあなた!実は危ないかも?」といった言葉を発したとします。このように言われると、健康な人でももしかしたら将来危ない病気にかかるのではないかという不安が出てきます。必ずしもそうではないのにも関わらず、ある先入観を他人から加えられると、不安になった経験が誰でもあるでしょう。

一見、「バーナム効果」は詐欺の手口のように感じることもありますが、実際に人々の不安を解消してくれる大きなメリットがあります。その代表的な例が、古来から存在する占いです。

不安な状態の中で、占いでこれからも元気でいられると伝えられれば、不安が少し和らぐ効果があります。また、神様や宗教の存在も、「バーナム効果」がもたらしたものです。古来日本からある神社で参拝をすれば受験に合格できるなどの期待が得られるのも、私たちが生活する上でのモチベーションにもつながります。

実際、臨床心理カウンセラーはこのような心理的な現象を利用して、精神的な病気を患っている方を援助するのに大いに貢献しています。

このように、あまり良くないイメージの強い「バーナム効果」ですが、長い人類の歴史の中で人々を不安から救う役割を果たしている一面もあります。

スポンサーリンク

本日のおすすめ記事はこちら

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則 ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. ゲティスバーグの戦い|勝因・敗因
    ゲティスバーグの戦い 南軍の敗因 ゲティスバーグの戦いとは、1836年7月1日から7月3日にか…
  2. 姉川の戦い|織田信長の勝因と浅井氏朝倉氏の敗因
    姉川の戦い 勝因と敗因 1570年に起きた姉川の戦いでは、織田信長、徳川家康の連合軍が、浅井長…
  3. 関ヶ原の戦い|勝因・敗因
    関ヶ原の戦い 東軍の勝因 関ヶ原の戦いとは、1600年10月21日に現在の岐阜県関ヶ原町で行わ…
  4. 官渡の戦い|勝因・敗因
    官渡の戦い 袁紹軍の敗因 官渡の戦いは、西暦200年の三国時代に起こった圧倒的な大軍を抱える袁…
  5. 西南戦争|勝因・敗因
    西南戦争 西郷隆盛の敗因 西南戦争とは、1877年に薩摩士族が起こした大規模な反乱です。薩摩士…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    彼を知り己を知れば百戦危うからず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた…
  2. 孫子の兵法
    風林火山 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その…
  3. 孫子の兵法
    孫子の五事 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
  4. 孫子の兵法
    勝兵は鎰を以て銖を称るがごとく 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  5. 孫子の兵法
    戦いは正を以って合い、奇を以って勝つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
ページ上部へ戻る