フィリバスターとは?フィリバスターとは議事の進行を妨害する行為のことで、明確な遅延の意図をもって行われます。イギリスやアメリカといった諸国だけではなく、日本でも野党が与党に向けて行うことが多く、いくつかの代表的な手法が挙げられます。

日本でのフィリバスターの代表例としては、野党から与党への質問攻め、審議中断、審議拒否に加え、牛タン戦術と通称されるものなどがあり、いずれも議会のシステムを利用したものです。

アメリカにおけるフィリバスターは主に長時間演説を行うことにより、議会の遅延を狙うことが多く、これは一人の議員の演説時間が制限されないアメリカにおいて有効な妨害手段として知られています。しかし議会の進行が妨げられることにより、その議案だけではなく他の議案やスケジュールも影響を受けることや、議会自体が正常に機能しなくなることから、フィリバスターの発生とその対策の歴史がないアメリカの議会では、妨害のための長時間演説を制限する制度の導入に至りました。

日本でも野党から与党へのフィリバスターは実施されており、質問攻めをしてる様子などは国会のテレビ中継などでも見かけることができるでしょう。質問攻めは同じ質問や似た質問を何度も繰り返し行い、質問と回答によって時間稼ぎをするもので、遅延のための意図を持つ質問と区別がつきにくいことからも、野党によっては起用しやすい手法であるといえるものです。

しかし一方で同じ質問に与党が何度も答えるとは限らないのが現状で、議事を引き延ばすには限界があります。また、日本における長時間演説での議事引き延ばしは“牛タン戦術”と呼ばれていますが、アメリカの議会とは異なり、日本では議員一人あたりの演説時間があらかじめ決められているため、フィリバスターの有効な手段とはなりにくくなっています。

日本の議会では、議長は演説時間の超過に対して演説を制止する権利を持ちます。演説者の強制排除も行うことができますが、強制排除されたことを理由として議長や内閣に対する不信任決議案を提出する場合もあり、これもフィリバスターの手法のひとつとされています。

フィリバスターは主に野党から与党へ行われるものではありますが、まれに与党が行う場合もあり、この場合は与党側が説明や質問への回答を長引かせることによって時間経過を狙うことになります。質問時間を消費することで質問を受け付ける回数を結果的に減らし、すべての質問を受けないまま質問者の持ち時間が終了することが目的です。

スポンサーリンク

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則 ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 鳥羽伏見の戦い|勝因・敗因
    鳥羽伏見の戦い 旧幕府軍の敗因 鳥羽伏見の戦いとは、新政府軍が勝利して、旧幕府軍が敗退すること…
  2. マラトンの戦い
    マラトンの戦い ギリシャ連合軍の勝因 今を遡ること2500年以上前、紀元前490年9月12日。…
  3. ワーテルローの戦い|勝因・敗因
    ワーテルローの戦い ナポレオン軍の敗因 ワーテルローの戦いは、1815年6月18日に起きたフラ…
  4. 姉川の戦い|織田信長の勝因と浅井氏朝倉氏の敗因
    姉川の戦い 勝因と敗因 1570年に起きた姉川の戦いでは、織田信長、徳川家康の連合軍が、浅井長…
  5. 鳥羽伏見の戦い|勝因・敗因
    鳥羽伏見の戦い 新政府軍の勝因 鳥羽伏見の戦いは、慶応4年、明治元年に開始された旧幕府勢力の終…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    勝兵は鎰を以て銖を称るがごとく 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  2. 孫子の兵法
    善く戦うものは、勝ち易きに勝つ者なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  3. 孫子の兵法
    彼を知り己を知れば百戦危うからず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた…
  4. 孫子の兵法
    兵は拙速を聞くも、未だ功の久しきをみざる 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武…
  5. 孫子の兵法
    上兵は謀を伐つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 …
ページ上部へ戻る