フレーミング効果とは?

フレーミング効果とは

フレーミング効果とは、物事を選択する際に生じる効果の一つです。物事の選択をする際は、多くの場合、絶対的な評価では行われません。ほとんどの場合において、2つ以上のことを比べて行う相対的な評価が基準となります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

そして、フレーミング効果とは、比較の仕方によって、絶対的な評価で行う選択とは別の結果を生み出す効果のことで、商取引をはじめとした多くの場面で活用されています。

例えば、100人中30人に当選の可能性がある商品があるとします。その場合、「30人が当選します」という表現以外にも多くの表現方法があります。「70%の人が当選しません」というのもひとつの表現方法です。この場合、後者の説明を受けると購入しようと考える人は少なくなるでしょう。それに対して前者の説明を受けると、当選しそうな気がして購入しようと考える人が多くなります。

また「70人の人が外れます」という表現もできますし、「30%の人が当たります」という表現をすることも可能です。この場合は、前者の説明より後者の説明を受けた人の方が購入しやすくなります。このように同じ意味であっても、説明の表現によって人の心理状況は変わってくるわけです。

スポンサーリンク

心理状況は意思決定に大きな影響を与えるので、フレーミング効果は、行動経済学においては見逃せない大きな要素と言えます。

心理学的には、ポジティブとネガティブのどちらであるのかが重要です。多くの人は言葉を聞いて、どちらかの印象を持ちます。同じ内容であれば、ポジティブな印象を受けるほうを選ぶのは当然で、ネガティブな表現が使われていると、額面以上に損失が大きいと感じてしまいます。

このように、フレーミング効果は正しく活用すれば恩恵の大きな理論ですが、使い方には注意が必要です。ポジティブな印象を受け付けたいからといって表現を誇張するのはよくありません。事実と異なってしまうと、それは、この理論を逸脱していることになるからです。逸脱するだけでなく、虚偽の広告として訴えられてしまう恐れもあります。そのため、フレーミング効果を使うときは事実に合致していることを、入念にチェックしながら進めていく必要があります。

スポンサーリンク

本日のおすすめ記事はこちら

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則 ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 第二次長州征伐|長州藩の勝因と幕府軍の敗因
    第二次長州征伐 長州藩の勝因 第二次長州征伐とは、徳川幕府が長州藩の討伐に乗り出した江戸時代後…
  2. ゲティスバーグの戦い|勝因・敗因
    ゲティスバーグの戦い 南軍の敗因 ゲティスバーグの戦いとは、1836年7月1日から7月3日にか…
  3. マラトンの戦い
    マラトンの戦い ギリシャ連合軍の勝因 今を遡ること2500年以上前、紀元前490年9月12日。…
  4. 西南戦争|勝因・敗因
    西南戦争 西郷隆盛の敗因 西南戦争とは、1877年に薩摩士族が起こした大規模な反乱です。薩摩士…
  5. アウステルリッツの戦い|勝因・敗因
    アウステルリッツの戦い ナポレオン軍の勝因 アウステルリッツの戦いとは、1805年12月2日に…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    兵は拙速を聞くも、未だ功の久しきをみざる 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武…
  2. 孫子の兵法
    上兵は謀を伐つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 …
  3. 孫子の兵法
    算多きは勝ち、算少なきは勝たず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  4. 孫子の兵法
    百戦百勝は善の善なるものに非ず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  5. 孫子の兵法
    孫子の七計 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
ページ上部へ戻る