フロービジネスとは?

フロービジネスとは

フロービジネスとは、1回の取引ごとに取引が終了し、取引ごとに収入を得るビジネスのことです。フロービジネスは、ある一定数の会員を確保して継続的に安定した収入を稼ぐストックビジネスとよく対比されます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フロービジネスは、コンビニエンスストアやレストランや飲食店など単発的な収入を得るビジネスになります。コンビニエンスストアを毎日のように使う人や、レストランや飲食店などには常連客などもいますが、商品を購入したりその日の飲食が終わるごとに取引が終了するため、フロービジネスに分類されます。

フロービジネスはストックビジネスと違い、安定した継続的な収入がないため、どの程度の売り上げがあるかは、その時にならなければ分かりません。その日の天候や景気などによっても大きな影響が出てしまい、売上が増えたり減ったりします。また、同じ業種のライバル店との競争やその年の流行などによっても売り上げが左右されてしまいます。

そのため、フロービジネスでは売り上げを確保していくために、様々な手段を手間暇かけて考えたり実行したりしなければなりません。企業の経営を続けていくためには、全力を出してライバルとの競争に勝ち、いろいろなアイデアを考えて顧客を確保していく必要があります。

スポンサーリンク

しかし、フロービジネスにも多くのメリットがあります。ストックビジネスでは一定の収入を得るためには、ある程度の会員数が必要になります。目標とする会員数になるまでは収入が少ないので、それまでの間は運転資金が必要になります。一定の会員数が確保できなければ売り上げられず、経営を続けて行き難いのがストックビジネスのデメリットになります。

これに対してフロービジネスは、ストックビジネスのように一定の会員数を必要としないというメリットがあり、早い時期からある程度売り上げる可能性があります。お店をオープンする前からしっかりと宣伝活動を行い、お客に対して魅力的なオープンセールなどが行えれば集客できる数が多くなります。このように、開業してすぐに収入があり急成長の可能性がある事もフロービジネスのメリットと言って良いでしょう。

スポンサーリンク

本日のおすすめ記事はこちら

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 鳥羽伏見の戦い|勝因・敗因
    鳥羽伏見の戦い 旧幕府軍の敗因 鳥羽伏見の戦いとは、新政府軍が勝利して、旧幕府軍が敗退すること…
  2. アウステルリッツの戦い|勝因・敗因
    アウステルリッツの戦い ナポレオン軍の勝因 アウステルリッツの戦いとは、1805年12月2日に…
  3. ゲティスバーグの戦い|勝因・敗因
    ゲティスバーグの戦い 南軍の敗因 ゲティスバーグの戦いとは、1836年7月1日から7月3日にか…
  4. 木崎原の戦い|勝因・敗因
    木崎原の戦い 島津軍の勝因 木崎原の戦いは、1572年6月14日に南九州で起きた島津氏と伊東氏…
  5. 井陘の戦い(せいけいの戦い)|韓信の勝因と趙軍の敗因
    井陘の戦い(せいけいの戦い)勝因と敗因 井陘の戦い(せいけいの戦い)とは、紀元前204年10月…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    孫子の五事 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
  2. 孫子の兵法
    百戦百勝は善の善なるものに非ず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  3. 孫子の兵法
    善く戦うものは、勝ち易きに勝つ者なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  4. 孫子の兵法
    兵は拙速を聞くも、未だ功の久しきをみざる 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武…
  5. 孫子の兵法
    彼を知り己を知れば百戦危うからず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた…
ページ上部へ戻る