ブラック企業と呼ばれない-残業を考える

ブラック企業と呼ばれない-残業を考えるワタミの例を挙げるまでもなく、ネット上で “ブラック企業” と叩かれ、企業存続の危機に瀕してしまう事案をよく見ます。
今回は、ワタミのような過労死に至らずとも、残業によって、あるいは残業代の扱いによってブラック企業と呼ばれない方法 について考えてみましょう。

正社員、パート、契約社員など雇用形態は様々ですが、就業時間も雇用形態によって変わってきます。就業時間を越えた場合は、時間超過手当つまり残業代を支払わなくてはなりません。しかし、雇用者たる経営者としては、基本給の25%以上の割増の出費になる為、できる限り残業させずに済ませたいのが本音でしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

しかし、その反対に社員側は、就業時間を過ぎての業務を行っている場合、残業代を可能な限り申請したいと思うものです。

今、世間ではブラック企業が話題になり、月100時間超の残業時間など、社会問題になっている問題です。特に残業時間が多ければ、社員のモチベーションを下げ、時には会社との間に争いを生み、ブラック企業として情報が拡散してしまうこともある時代です。経営者としては
残業をコントロールすることが求められます。

残業をコントロールする上で経営者がしなくてはならない事は、残業代として支払われる残業している時間帯に、本当に業務を行っているかという事です。残業している時間にどんな業務を行っているかを経営者はしっかり把握する必要があります。

スポンサーリンク

まず、社員が残業として行う業務内容を把握しなければなりません。
残業として行う業務は何か、それはどの程度時間が掛かるのか、果たして残業に回さなくてはならない業務なのかなどをしっかりと把握しなくては、社員は残業を当たり前のように申請してくるでしょう。

また、一つの業務に掛かる目安の時間を設定する事で、社員が無駄にダラダラと仕事をする事を防ぐ目安にもなります。例えば、Aという業務をするには10分あれば妥当、Bという業務をする場合には、20分が妥当、など、残業時間の中でどんな仕事を何分間でするかを一覧にして、社員に提示することで、作業効率を上げ、無駄な残業代を支払うことが減少してきます。

そして、業務を指示して指定した時間を越えてしまう場合は、なぜ越えてしまったのか、果たしてその社員が効率よく業務を行っていたのか、など、社員が効率よく業務を進められているかの判断材料にもなります。

さらに、残業時間内に行う業務が、会社にどの程度の利益をもたらすかも一覧に、そして客観的に示すには、金額にして示す事もよいでしょう。
例えば、Cという業務は10分で行うことで会社にとって1000円程度の利益をもたらす、Dという仕事を20分で行うことで会社にとって、2000円の利益をもたらすなど、自分が行う仕事がどの程度の利益を生みだせるのか、を明示することで社員のモチベーションにも繋がると思われます。

こうすることで残業が減り、もし残業が発生しても経営者・社員の双方が納得してモチベーションが維持できるようになってきます。

やりがいのある仕事をする為、好きな事を仕事にして楽しく仕事をする為、欲しい物を買う為、生活の為、仕事観は人それぞれです。
その中で、ブラック企業と呼ばれない為に経営者として会社を守るためにやるべきことやっていくようにしましょう。

スポンサーリンク

本日のおすすめ記事はこちら

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 第二次長州征伐|長州藩の勝因と幕府軍の敗因
    第二次長州征伐 長州藩の勝因 第二次長州征伐とは、徳川幕府が長州藩の討伐に乗り出した江戸時代後…
  2. トラファルガーの海戦|イギリス海軍の勝因とフランス・スペイン連合艦隊の敗因
    トラファルガーの海戦 スペイン・フランス連合艦隊の敗因 トラファルガーの海戦は、1805年にス…
  3. 三方ヶ原の戦い|高田信玄の勝因と織田・徳川軍の敗因
    三方ヶ原の戦い 徳川・織田軍の敗因 三方ヶ原の戦いとは、1573年に遠江国(現在の静岡県)で起…
  4. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦 ロシア軍の敗因 奉天会戦は、日露戦争における最後の会戦です。中国の奉天(現在の瀋陽)…
  5. 鳥羽伏見の戦い|勝因・敗因
    鳥羽伏見の戦い 新政府軍の勝因 鳥羽伏見の戦いは、慶応4年、明治元年に開始された旧幕府勢力の終…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    上兵は謀を伐つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 …
  2. 孫子の兵法
    算多きは勝ち、算少なきは勝たず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  3. 孫子の兵法
    風林火山 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その…
  4. 孫子の兵法
    勝兵は鎰を以て銖を称るがごとく 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  5. 孫子の兵法
    勝つべからざる者は守なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書で…
ページ上部へ戻る