ブログの更新頻度はどのくらいがいい?

ブログ,副業

ブログの更新頻度はどのくらいがいい?ブログで集客できないと悩んでいる会社様は多いようです。

当社でブログ運営を始めてから、ブログの運用方法について質問をいただくことが増えてきました。

その中で比較的多い「ブログの更新頻度はどのくらいがいいのか?」について書いてみることにしましょう。

1.ブログへのアクセスを増やしたい場合

ブログを運営しているほとんどの会社様が、もっと自社のブログにアクセスを増やして、より多くの方へ情報を発信したい or より集客につなげたいとお考えではないでしょうか。現在よりもブログのアクセスを増やしていきたい場合は、ブログの更新頻度を高めていく必要があります。

具体的には、週4回以上で記事を投稿することが必要です。さらに言うと、1回あたり 1000文字程度の記事を原則毎日更新する ことをお勧めします。

2.ブログへのアクセスを維持したい場合

ブログを運営していて、アクセスは十分になってきたので、今のアクセスレベルを維持したいという場合は、1回あたり 1000文字程度の記事を週2~3回の更新頻度で大丈夫です。

こうすることでブログ運営を省力化して、効率的に運用することができます。

今回は 更新頻度 の観点からブログの運用を見てみました。
「最近、ブログのアクセスが減っている」「ブログのアクセスをもっともっと増やしたい」という会社様は是非、試してみてください。

ブログ集客がわかる!・・・

次は「ブログ集客の情報一覧」を見てみる

スポンサーリンク

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 姉川の戦い|織田信長の勝因と浅井氏朝倉氏の敗因
    姉川の戦い 勝因と敗因 1570年に起きた姉川の戦いでは、織田信長、徳川家康の連合軍が、浅井長…
  2. ゲティスバーグの戦い|勝因・敗因
    ゲティスバーグの戦い 南軍の敗因 ゲティスバーグの戦いとは、1836年7月1日から7月3日にか…
  3. アウステルリッツの戦い|勝因・敗因
    アウステルリッツの戦い ナポレオン軍の勝因 アウステルリッツの戦いとは、1805年12月2日に…
  4. 官渡の戦い|勝因・敗因
    官渡の戦い 袁紹軍の敗因 官渡の戦いは、西暦200年の三国時代に起こった圧倒的な大軍を抱える袁…
  5. トラファルガーの海戦|イギリス海軍の勝因とフランス・スペイン連合艦隊の敗因
    トラファルガーの海戦 スペイン・フランス連合艦隊の敗因 トラファルガーの海戦は、1805年にス…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    上兵は謀を伐つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 …
  2. 孫子の兵法
    百戦百勝は善の善なるものに非ず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  3. 孫子の兵法
    孫子の五事 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
  4. 孫子の兵法
    算多きは勝ち、算少なきは勝たず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  5. 孫子の兵法
    勝つべからざる者は守なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書で…
ページ上部へ戻る