ブログの記事数〜ブログは何記事くらい書けばいい?

ブログ集客

ブログの記事数〜ブログは何記事くらい書けばいい?先日、お客様から「集客ツールの一つとして、ブログを始めようと思うけど、何記事くらい書けばいいの?」と聞かれました。
ということで、今回は「ブログの記事はどのくらい書けばいいのか?」について書いてみましょう。

【関連記事:ブログで集客するなら独自ドメイン&ワードプレスで運用する

まず「ブログの記事は何記事くらい書けばいいのか?」を書く前に、ブログアクセス(訪問者)がどうやって発生したかを見てみます。
例えば、今ご覧のこのブログの場合だと、

・検索エンジン経由:65%
・SNS経由:25%
・その他:10%

となります。

アクセスのほとんどをSNSに依存する特殊なブログなら別ですが、一般的なブログであれば、アクセス(訪問者)の 7割前後が Google やヤフーなどの検索エンジン経由 となります。つまり、ブログでアクセスを確保するためには、Google やヤフーなどのキーワード検索で上位表示されることが重要なポイントになってくることがわかります。

で、ここからが本題ですが、ブログを運営する上で、まず直面するのは、アクセスが伸びない ということです。
ブログを始めて当初は、記事を書けども書けどもほとんど見てくれる人がいないという状況にまずぶち当たります。ブログを始めて毎日記事を更新しても、最初の 1ヶ月くらいは 1〜2人しかサイト訪問者がいないことはザラです。検索エンジンに登録されているかと見てみても、登録されていないのは日常茶飯事。まぁ、検索エンジンに登録されていなければ、ネット検索してもサイトは出てきませんから、アクセスがないのも当たり前です。

スポンサーリンク

当社でもブログをいくつか運営していますが、ブログである程度のアクセスが生まれる為には、ブログ記事を更新し続けるのが一番の解決法です。とはいえ、サイト訪問者がほとんどいない中で、黙々とブログ記事を更新するのは、かなり忍耐力の要ることです。そこで、必要なのが「ブログの記事は何記事くらい書けばいいのか?」という目安になります。

実は、過去の経験から見て、大きく 2つのターニングポイントとなる目安の記事数があります。

まず最初の目安となるのは、70記事
ブログを毎日更新し、70記事を超える辺りから、検索エンジンに書いた記事がスムーズに登録されるようになります。多分、更新頻度が高いサイトとして検索エンジンが認識してくれるのでしょう。検索エンジンに認識されると、検索順位が付きますので、徐々に検索経由のサイトアクセスが出始めます。

次の目安は、270記事
70記事を超えて記事を増やしていくと、徐々に検索エンジンに認識される確率が高くなり、登録されるスピードも早くなってきます。そして、270記事を超える辺りから、検索で上位表示されるキーワードが徐々に出始めます。それに伴い、ブログアクセスが安定していくようになります。
まだまだブログアクセスは少ないですが、それでも月間アクセス数で数千PV(ページビュー)は狙えると思います。やっとメディアサイトの入り口といったところですが、この段階まで来れば、ある程度モチベーションを保ちながらブログ記事を更新していけるでしょう。

当然この先もある訳ですが、その話はいずれしたいと思います。
ブログは、 1記事1000文字以上の文字数のオリジナル記事(丸写しでない独自の記事)を増やせば増やすほど、アクセスは増えていきます。70記事、270記事を無事通過して、ブログ集客を成功させてみませんか?

スポンサーリンク

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いていることでしょう。しかし思いだけで…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です。 弱者ならばランチェスター…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い、残りのシェアを多くの中小企業…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認識した上で価値ある手立てで行うのが、競…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 鳥羽伏見の戦い|勝因・敗因
    鳥羽伏見の戦いは、慶応4年、明治元年に開始された旧幕府勢力の終焉を決定づける戊辰戦争の口火となった戦…
  2. トラファルガーの海戦|イギリス海軍の勝因とフランス・スペイン連合艦隊の敗因
    トラファルガーの海戦は、1805年にスペインのトラファルガー岬沖で行われた海戦です。 この当時…
  3. 三方ヶ原の戦い|高田信玄の勝因と織田・徳川軍の敗因
    三方ヶ原の戦いとは、1573年に遠江国(現在の静岡県)で起きた徳川・織田連合軍と武田信玄の間の戦いで…
  4. ゲティスバーグの戦い|勝因・敗因
    ゲティスバーグの戦いとは、南北戦争における事実上の決戦となった戦いのことです。 この戦いは18…
  5. 官渡の戦い|勝因・敗因
    官渡の戦いでは圧倒的な大軍を抱える袁紹軍とそれに挑む曹操軍との間の戦争なのですが、兵糧の枯渇に苦しん…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
  2. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
  3. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
  4. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
  5. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
ページ上部へ戻る