最短距離でブログやメディアサイトのアクセスを増やす方法

最短距離でブログやメディアサイトのアクセスを増やす方法ご覧になっているこのサイトでは、ブログやメディアサイトを運営する上での様々な実験を行なっています。

立ち上げ当初から1記事800〜1000文字で毎日更新を行なってきましたが、10ヶ月目を迎えた時点で1記事1500文字程度に文字数を増やし、代わりに更新頻度を毎日から週3回程度に落とす実験を行なっていました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【実験内容】

変更前 変更後
文字数:1記事800〜1000文字 文字数:1記事1500文字前後
更新頻度:毎日更新 更新頻度:週3回更新

【当時の記事:ブログのPVは?~ブログ開始から10ヶ月

この実験には、一般の方が知りたい内容をより詳しく記事にすることが、SEOひいてはアクセス増につながるのではないか、と考えたのと、1週間あたりの文字数はあまり落とさないことで、記事の作成・更新作業の省力化ができるか、といった意図がありました。

半年ほど前から2ヶ月ほど実験を実施し、アクセスを増やす方法となり得るのか、をウォッチした結果を公開してみましょう。

スポンサーリンク

結果としては、
ほとんどアクセス数は増えませんでした。

さらに2ヶ月は記事更新をしない期間を設けて、その後の状況も観察してみましたが、一向にアクセス数が増える気配はありませんでした。

週3回更新のペースだと2ヶ月でも25〜26記事にしかなりませんので、1記事あたりの文字数を増やしても、そもそもの記事数の情報量の少なさをカバーできなかったということになります。

文字数を多くすることでロングテールのSEOを狙い、ニッチなキーワードからのアクセスを増やそうとしてみたのですが、見事に目論見が外れてしまったようです。

「ロングテール(long tail:長い尻尾)」とは

SEO対策としての「ロングテール」とは、1ページあたりの文字数を増やすことで、検索数が単体では多くないニッチなキーワードを数多く盛り込み、様々なキーワードからの検索アクセスを増やしてアクセス総数を大きくする手法のこと。

マーケティングなどの分野では「2割の顧客から8割の売上がある」といったように「上位2割の合計が全体の8割を占める」という経験則がありますが、逆にネットアクセスなどでは、少しずつしかアクセスのないキーワードからのアクセス数をすべて合計すると無視できない割合になり、逆にアクセスの多い少数のキーワードからのアクセス数を合計しても大きな割合にはならない現象がよく見られます。

最短距離でブログやメディアサイトのアクセス数を伸ばすには、800文字以上の記事を毎日更新し、できるだけ1日あたりの記事数多くすることが重要という結論に至りました。

ということで、記事更新2年目に入る10月上旬から、記事更新頻度を毎日に戻し、1記事あたりの文字数を1000〜1500文字、1日2記事更新にして、新たな実験をスタートしています。

まもなく、このサイトも500記事に到達しますので、その時点でアクセス数等計測してみたいと思います。

ブログ集客がわかる!・・・

次は「ブログ集客の情報一覧」を見てみる

スポンサーリンク

本日のおすすめ記事はこちら

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則 ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. ゲティスバーグの戦い|勝因・敗因
    ゲティスバーグの戦い 南軍の敗因 ゲティスバーグの戦いとは、1836年7月1日から7月3日にか…
  2. 官渡の戦い|勝因・敗因
    官渡の戦い 袁紹軍の敗因 官渡の戦いは、西暦200年の三国時代に起こった圧倒的な大軍を抱える袁…
  3. ワーテルローの戦い|勝因・敗因
    ワーテルローの戦い ナポレオン軍の敗因 ワーテルローの戦いは、1815年6月18日に起きたフラ…
  4. 木崎原の戦い|勝因・敗因
    木崎原の戦い 島津軍の勝因 木崎原の戦いは、1572年6月14日に南九州で起きた島津氏と伊東氏…
  5. アウステルリッツの戦い|勝因・敗因
    アウステルリッツの戦い ナポレオン軍の勝因 アウステルリッツの戦いとは、1805年12月2日に…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    算多きは勝ち、算少なきは勝たず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  2. 孫子の兵法
    百戦百勝は善の善なるものに非ず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  3. 孫子の兵法
    善く戦うものは、勝ち易きに勝つ者なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  4. 孫子の兵法
    戦いは正を以って合い、奇を以って勝つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  5. 孫子の兵法
    孫子の五事 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
ページ上部へ戻る