ブログ記事は書けば書くほど、アクセス数の増加率がアップする

ブログ記事は書けば書くほど、アクセス数の増加率がアップする今回はブログ集客のお話です。

「ブログ記事を書けば書くほどアクセスが増えていく」というのは、何となくイメージできると思いますが、記事が増えれば、様々なキーワードからのアクセスが増え、その結果、ブログのアクセスが増えていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

一般的に、ブログの記事数とアクセス数の増加は「正比例」だと思われがちです。

この考え方では、例えば「50記事から100記事、100記事から200記事、200記事から400記事の間のアクセス数の増加率は等しい」という事になります。しかし、実際にブログを運営してみると、50記事から100記事、100記事から200記事、200記事から400記事の間のアクセス数の増加率は異なります。

具体的には、記事が2倍になるとアクセス数も2倍になる正比例の関係ではなく、50記事から100記事のアクセス数の増加率よりも、200記事から400記事のアクセス数の増加率の方が大きくなるのです。

スポンサーリンク

では、実際の例で見てみましょう。以下のグラフは、当社で運営しているブログの記事数とアクセス数(PV:ページビュー)の相関図です。

ブログ記事は書けば書くほど、アクセス数の増加率がアップ
(横軸:記事数/縦軸:1日当たりPV数)

途中の凸凹はありますが、概ね記事数が増えるにつれてPV数の増加率が高くなっていくことが見て取れると思います。

つまり、「50記事から100記事、100記事から200記事、200記事から400記事の間のアクセス数の増加率は同じ」ではなく、記事を書けば書くほどアクセス数の増加率はアップするわけです。

では、「なぜ、記事数が増えれば、アクセス数の増加率はアップする」のでしょうか?

その秘密は、Googleなどの検索エンジン(検索システム)の仕組みにあります。検索エンジンは世の中のサイトコンテンツを評価して、検索順位付けをし、検索順位が高いほどアクセス数は増えます。

そして、検索エンジンの評価の一つにコンテンツ量(ページ量)があるわけです。ページ数が増えていくことで、段階的に検索エンジンの評価は高まり、主要キーワードでの検索順位が上がります。

検索順位が上がるとアクセスが増えることにより、

記事数増のアクセスアップ × 検索順位上昇のアクセスアップ

が起こり、「記事数が増えれば、アクセス数の増加率はアップする」わけです。

ブログを何年も続けている方なら誰もが経験すると思いますが、最初の頃は記事を書けども書けどもアクセスが増えない、といった状態です。ほとんどの人は2〜3ヶ月ブログを書いて、アクセスが増えない、集客ができない、と諦めてしまいます。

でも、安心してください。SEOに関する最低限の知識は学ぶ必要がありますが、辛抱してブログを書き続けていれば、アクセス数が増える速度は徐々に増えていきます。

いずれは数万PV、数十万PVに達してきますので、頑張って記事を書いていきましょう。

ブログ集客がわかる!・・・

次は「ブログ集客の情報一覧」を見てみる

スポンサーリンク

本日のおすすめ記事はこちら

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則 ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 官渡の戦い|勝因・敗因
    官渡の戦い 袁紹軍の敗因 官渡の戦いは、西暦200年の三国時代に起こった圧倒的な大軍を抱える袁…
  2. 井陘の戦い(せいけいの戦い)|韓信の勝因と趙軍の敗因
    井陘の戦い(せいけいの戦い)勝因と敗因 井陘の戦い(せいけいの戦い)とは、紀元前204年10月…
  3. 三方ヶ原の戦い|高田信玄の勝因と織田・徳川軍の敗因
    三方ヶ原の戦い 徳川・織田軍の敗因 三方ヶ原の戦いとは、1573年に遠江国(現在の静岡県)で起…
  4. 官渡の戦い|勝因・敗因
    官渡の戦い 曹操軍の勝因 官渡の戦いは、西暦2006年、有名な「三国志」の時代に曹操軍と袁紹軍…
  5. ゲティスバーグの戦い|勝因・敗因
    ゲティスバーグの戦い 南軍の敗因 ゲティスバーグの戦いとは、1836年7月1日から7月3日にか…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    百戦百勝は善の善なるものに非ず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  2. 孫子の兵法
    戦いは正を以って合い、奇を以って勝つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  3. 孫子の兵法
    善く戦うものは、勝ち易きに勝つ者なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  4. 孫子の兵法
    勝兵は鎰を以て銖を称るがごとく 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  5. 孫子の兵法
    彼を知り己を知れば百戦危うからず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた…
ページ上部へ戻る