ブログを1500記事更新して気づいた事

ブログ,副業

ブログを1500記事更新して気づいた事

ブログが1500記事を超えました

管理しているブログで先日1500記事を超えました。2年2ヶ月での到達なので、平均すると1日2ページ弱の更新ということになります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

当初1年は1日1記事のペースで更新していましたが、2年目は少しずつペースを上げていて、現在は1日3〜5記事の更新ペースです。

ブログやサイトでは、ページ数が増えれば増えるほど Google や Yahoo! の検索経由でのアクセスが増えていきますので、ブログやサイトからの集客やマネタイズを考えた場合、どんどん記事やページを増やすことが基本戦略となります。

とはいっても、検索もされないような内容でブログ記事を書いてもアクセス増に寄与しないので、記事内容に一般の人が興味を持ちそうなワードが含まれることが前提ですが。

スポンサーリンク

まぁ、こうして地道に続けていっているブログですが、1500記事を超えたあたりで明らかに変わったことがあります。

1500記事を超えて気づいた事とは?

ブログを続けて1500記事を超えたあたりから、Google や Yahoo! の検索エンジンへインデックス(検索データベースへの登録)されるスピードが明らかに早くなりました

これまでもブログの更新記事数が増えるごとにインデックスされるスピードは速くなっていることは体感していましたが、1500記事を超えてからは、まさに瞬時にインデックスされます。

記事を公開してわずか1〜2秒後には Google や Yahoo! の検索エンジンへインデックスされ、狙ったキーワードで上位表示されるようになったので、特に時事系の記事でアクセスを稼ぐには有利な状況になったと思います。

ブログの記事やサイトのページ数が増えると、新たなページを増やした時に、

・インデックスが早くなる

・検索順位が上位表示されやすくなる

という効果が生まれます。

現在は1500記事ですが、2000記事、3000記事とページが増えるにつれて、この効果はより強くなっていくでしょう。

ブログやサイトの集客・マネタイズは「継続は力なり」です。専門的な知識がなくてもできますので、ぜひ皆さんもチャレンジしてみてください。

スポンサーリンク

本日のおすすめ記事はこちら

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 鳥羽伏見の戦い|勝因・敗因
    鳥羽伏見の戦い 新政府軍の勝因 鳥羽伏見の戦いは、慶応4年、明治元年に開始された旧幕府勢力の終…
  2. 官渡の戦い|勝因・敗因
    官渡の戦い 袁紹軍の敗因 官渡の戦いは、西暦200年の三国時代に起こった圧倒的な大軍を抱える袁…
  3. 三方ヶ原の戦い|高田信玄の勝因と織田・徳川軍の敗因
    三方ヶ原の戦い 徳川・織田軍の敗因 三方ヶ原の戦いとは、1573年に遠江国(現在の静岡県)で起…
  4. マラトンの戦い
    マラトンの戦い ギリシャ連合軍の勝因 今を遡ること2500年以上前、紀元前490年9月12日。…
  5. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦 日本軍の勝因 奉天会戦は日露戦争における最後であり最大の会戦です。 大日本帝国…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    上兵は謀を伐つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 …
  2. 孫子の兵法
    風林火山 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その…
  3. 孫子の兵法
    算多きは勝ち、算少なきは勝たず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  4. 孫子の兵法
    善く戦うものは、勝ち易きに勝つ者なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  5. 孫子の兵法
    勝つべからざる者は守なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書で…
ページ上部へ戻る