プル2(プルツー)型集客を目指す

プル2(プルツー)型集客を目指す先日、プル型集客について記事を書きました。

(過去記事:プル型とプッシュ型-プル型営業のススメ
今回は、さらに一歩進めたプル2型の集客について書いてみることにします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

まず、「プル2(プルツー)型」とは実は当社で作った造語になります。

インターネットを使ったプル型の集客は、例えばSEO対策により特定のキーワードの検索順位を上げ、そのキーワードを検索したネットユーザーをホームページへ誘導、お問い合わせや販売につなげていく手法です。例えるなら、対義語となるプッシュ型が能動的に底引き網で海をさらうのに対して、プル型は魚がいそうな場所に定置網をはって受動的に待つといった感じになります。

プル2型はさらに「プル」度合を増した集客で、プル型集客でも生じていた「相見積(あいみつ)」をさらに少なくして受注度合いを高めてくれます。

スポンサーリンク

プッシュ型の集客よりもプル型の集客は圧倒的に成約率は高くなるものの、お問い合わせが来た場合でも3~5の相見積になっていると経験上思います。プル2型の集客では、お問い合わせや購入前の段階でロイヤリティを高めて、ほぼ単独の商談になるようになります。

では、プル2型の集客はどうすればできるのかを簡単に触れてみましょう。

プル2型集客ではプル型集客で通常使う「ホームページ+SEO対策もしくはリスティング広告」に加えて、Facebookページを使用します。
「ホームページ+SEO対策もしくはリスティング広告」で行うプル型集客にFacebookページの集客をプラスするイメージです。Facebookページの集客とは、具体的にFacebookページでFacebook広告を使用しながらフォロワー(いいね!)を集め、Facebookページ上で自社サービス等について投稿をしていただきます。

その際、気を付けていただくことが2点あります。
一つは、フォロワー(いいね!)を広告で集める際、広告を出すターゲットは自社もしくは自社商材に向くターゲットを慎重に選んでください。あともう一つは、Facebookページへの投稿は売り込みが強くならないよう、商品・サービスのメリットとか、実際のお客様の利用例とか、よくあるご質問とかを継続して投稿するのがポイントです。

こうすることで、全く認知度のないユーザーをFacebook広告を通じて初めて認知させ、さらに日々の投稿を通じて徐々に認知度が深まめていくことができます。
元々、比較的商品・サービスに興味がある方がフォロワーになっていますので、いざ、その商品・サービスを購入する際、インターネット検索を行った時に御社サイトが上位表示されていれば、その方にとって認知度の高い御社を高確率で選んでもらえます。

つまり、「プル2型集客」とは、新たな商品・サービスを選ぶ際、インターネット検索を使う方が多いという特性と、多頻度の認知を可能にするFacebookの特性を合わせた集客法です。
プル2型集客で一旦顧客になれば、高いロイヤリティを示しますので、顧客の維持が容易ですし、さらにその方を通じた顧客の伝播も期待できます。

御社でもこのプル2型集客にチャレンジしてみませんか?

スポンサーリンク

本日のおすすめ記事はこちら

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則 ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. マラトンの戦い|ギリシャ軍の勝因とペルシャ軍の敗因
    マラトンの戦い ギリシャ連合軍の勝因 今を遡ること2500年以上前、紀元前490年9月12日。…
  2. 姉川の戦い|織田信長の勝因と浅井氏朝倉氏の敗因
    姉川の戦い 勝因と敗因 1570年に起きた姉川の戦いでは、織田信長、徳川家康の連合軍が、浅井長…
  3. 西南戦争|勝因・敗因
    西南戦争 西郷隆盛の敗因 西南戦争とは、1877年に薩摩士族が起こした大規模な反乱です。薩摩士…
  4. アウステルリッツの戦い|勝因・敗因
    アウステルリッツの戦い ナポレオン軍の勝因 アウステルリッツの戦いとは、1805年12月2日に…
  5. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦 日本軍の勝因 奉天会戦は日露戦争における最後であり最大の会戦です。 大日本帝国…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    勝兵は鎰を以て銖を称るがごとく 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  2. 孫子の兵法
    兵は拙速を聞くも、未だ功の久しきをみざる 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武…
  3. 孫子の兵法
    勝つべからざる者は守なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書で…
  4. 孫子の兵法
    孫子の五事 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
  5. 孫子の兵法
    彼を知り己を知れば百戦危うからず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた…
ページ上部へ戻る