ランチェスター戦略・ランチェスターの法則

マイケル・ポーターの3つの戦略とは?

マイケル・ポーターの3つの戦略

マイケル・ポーターは、1980年に最初の主著である「競争の戦略」を発表して以来、ずっと戦略思想では最高の地位を維持しているアメリカの経営学者です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

彼の著書である「競争の戦略」は、経営学の中ではバイブルのような存在になっていますが、その中に書かれてあるのが「3つの戦略」です。

マイケル・ポーターは企業の基本戦略を突き詰めて考えた場合、その戦略は3つしか存在せず、その中から選んだものがその企業の長期的な経営戦略の基礎となるということを述べています。そしてその3つの戦略とは「コストリーダーシップ戦略」、「差別化戦略」、「集中戦略」と呼ばれています。

まず「コストリーダーシップ戦略」の武器は低コストです。

スポンサーリンク

業界全体の中でも、より低コストを提示し商品を販売することによって顧客を引き付け、業界の主導権を握るという戦略です。

この戦略を実行するためには、アグレッシブな価格政策を採らなければならないため、初期に赤字を覚悟するような多額の投資が必要となりますが、一旦高い市場シェアを確保してしまえば、大量仕入れに持ち込むことが可能となるため、コスト削減が望めるというメリットがあります。

しかし、低コストを追求するあまりに極端に品質が低下するようでは成功に結びつかない恐れがあります。

対して「差別化戦略」では、他の企業にないような独創的なポイントを持ち、その特徴を活かすことによって業界内で優位な地位を占める、という戦略です。

差別化に成功すれば、顧客の目は価格以前にその独創性に向けられることになり、他社の参入を防ぐことによって大きな収益を望むことができます。ただし、あまりにも極端な差別化では、一部の特定された市場にしか強みが出せなくなり、十分な市場シェアに結びつかないというリスクがあります。

集中戦略」とは特定の地域や特定の消費者などを対象として経営資源を集中させたうえで、コストリーダーシップか差別化のどちらかを推進する戦略です。

他の2つの戦略と異なる点は、特定の狭い範囲をターゲットとしてコストのリーダーシップ戦略と差別化戦略を使い分けることができるというところです。

「集中戦略」は小規模な企業によく選択される戦略です。顧客のニーズをリサーチすることによって、ニーズにマッチした商品を提供することが可能となり、狭い範囲の市場においては他社よりも優位に立つことができます。

しかし狭い範囲であるからこそ、顧客の許容範囲を超えてしまうぐらい価格が高くなってしまうというリスクが発生することがあるので注意しなければなりません。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

本日のおすすめ記事はこちら

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則 ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 官渡の戦い|勝因・敗因
    官渡の戦い 曹操軍の勝因 官渡の戦いは、西暦2006年、有名な「三国志」の時代に曹操軍と袁紹軍…
  2. ゲティスバーグの戦い|勝因・敗因
    ゲティスバーグの戦い 南軍の敗因 ゲティスバーグの戦いとは、1836年7月1日から7月3日にか…
  3. 姉川の戦い|織田信長の勝因と浅井氏朝倉氏の敗因
    姉川の戦い 勝因と敗因 1570年に起きた姉川の戦いでは、織田信長、徳川家康の連合軍が、浅井長…
  4. トラファルガーの海戦|イギリス海軍の勝因とフランス・スペイン連合艦隊の敗因
    トラファルガーの海戦 スペイン・フランス連合艦隊の敗因 トラファルガーの海戦は、1805年にス…
  5. アウステルリッツの戦い|勝因・敗因
    アウステルリッツの戦い ナポレオン軍の勝因 アウステルリッツの戦いとは、1805年12月2日に…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    算多きは勝ち、算少なきは勝たず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  2. 孫子の兵法
    勝兵は鎰を以て銖を称るがごとく 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  3. 孫子の兵法
    善く戦うものは、勝ち易きに勝つ者なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  4. 孫子の兵法
    彼を知り己を知れば百戦危うからず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた…
  5. 孫子の兵法
    孫子の五事 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
ページ上部へ戻る