ロイヤルティとロイヤリティの違いロイヤルティロイヤリティは似た言葉ですが、意味は全く違います。今回は「ロイヤルティ」と「ロイヤリティ」の違いについて見てみることにしましょう。

まず、ロイヤルティから、
ロイヤルティは、英語表記では(Loyalty)となり、「忠誠」「忠誠心」といった意味です。

会社に対するロイヤルティが高い
ブランドに対するロイヤルティが低い

といった使い方をします。

スポンサーリンク

次は、ロイヤリティですが、
ロイヤリティは、英語表記では(Royalty)となり、「ライセンス料や著作権使用料など、権利者へ支払う対価」を意味します。

ロイヤルティ」も「ロイヤリティ」もビジネスシーンで多用される用語で、話間違い、書き間違いの多いビジネス用語となっています。

英語も日本語もたった1文字の違いですが、ロイヤルティとロイヤリティでは全く違った意味になりますので、使い間違いのないようにしましょう。

スポンサーリンク

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いていることでしょう。しかし思いだけで…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認識した上で価値ある手立てで行うのが、競…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い、残りのシェアを多くの中小企業…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です。 弱者ならばランチェスター…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦は、日露戦争における最後の会戦です。中国の奉天(現在の瀋陽)を舞台に1905年3月1日から3…
  2. 官渡の戦い|勝因・敗因
    官渡の戦いでは圧倒的な大軍を抱える袁紹軍とそれに挑む曹操軍との間の戦争なのですが、兵糧の枯渇に苦しん…
  3. 関ヶ原の戦い|勝因・敗因
    関ヶ原の戦いにおける東軍の勝因とは、基本的には前哨戦の部分を含めて考えることで、理解しやすいでしょう…
  4. 赤壁の戦い|勝因・敗因
    赤壁の戦いは中国の後漢末期、いわゆる“三国志時代”に起きた戦いです。 魏の曹操が率いる大軍に対…
  5. 鳥羽伏見の戦い|勝因・敗因
    鳥羽伏見の戦いは、慶応4年、明治元年に開始された旧幕府勢力の終焉を決定づける戊辰戦争の口火となった戦…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
  2. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
  3. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
  4. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
  5. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
ページ上部へ戻る