ワーク・エンゲージメントとは?

ワーク・エンゲージメントとは

メンタルヘルス対策の中で注目されているテーマの一つがワーク・エンゲージメントです。

ワーク・エンゲージメントとは職場で働く人の心の健康度を示す概念の一つで、「ワーク(仕事に対する)エンゲージメント(愛着心)」を表す言葉です。

実際には、「ワーク・エンゲージメント」は、仕事に対してどれだけ熱意を持っているか、没頭する事が出来ているか、活力ある状態になっているか、ということを重視して測るものとなっています。「ワーク・エンゲージメント」がバランス良く満たされる事によって、より仕事に対して充実した心理状態になると考えられています。

仕事に対してどれだけ愛着心があるか、充実しているか、と言う事によってその人の仕事への意識が変わります。ワーク・エンゲージメントの高い人の方が仕事がスムーズに動いていると感じる事も出来るので、仕事に対してのストレスが低くなる傾向となっています。また仕事に対しての満足度が高い状態になるので、ワーク・エンゲージメントが低い人に比べるとはるかにパフォーマンスが向上する事になります。

ただ、ワーク・エンゲージメントを高める為にはその人自身が仕事に対して満足する、充実感を味わう必要がありますが、自然に高まった状態になるという訳ではありません。そこでメンタルヘルスの観点から注目されるのが、個人と仕事のバランス、これらの資質を高めて豊かな状態にするという事です。

実際に個人が充実度を感じる事ができる、ストレスを減らして仕事をする事ができるようになる為には、自己効力感を高める事が行われます。また個人としてはある種の楽観主義が必要とされる場面が存在しています。勿論困難に対して努力をして適応する事が出来るか、職場の雰囲気の良さ、仕事によって本人が成長している事を感じる事が出来るかどうかというのも個人で重視されるポイントです。

そして、これらのポイントを高める事によって、より仕事がスムーズに進められるようになっていきます。

また、ただやみくもに仕事に対して努力を求めるのではなく、どこに目標を着見えるかと言う事もワーク・エンゲージメントの観点では重視すべきことです。

仕事を一生懸命行うという点から、ワーカホリックと同じ様なイメージを抱かれてしまう事もありますが、両者には決定的な違いがあります。ワーク・エンゲージメントとは仕事に対して充実感、やりがいを感じている状態で、決して仕事に依存しているという訳ではありません。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人は次の記事も読んでいます

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. アウステルリッツの戦い|勝因・敗因
    アウステルリッツの戦い ナポレオン軍の勝因 アウステルリッツの戦いとは、1805年12月2日に…
  2. 鳥羽伏見の戦い|勝因・敗因
    鳥羽伏見の戦い 旧幕府軍の敗因 鳥羽伏見の戦いとは、新政府軍が勝利して、旧幕府軍が敗退すること…
  3. ゲティスバーグの戦い|勝因・敗因
    ゲティスバーグの戦い 北軍の勝因 ゲティスバーグの戦いとは、1836年7月1日から7月3日に起…
  4. ゲティスバーグの戦い|勝因・敗因
    ゲティスバーグの戦い 南軍の敗因 ゲティスバーグの戦いとは、1836年7月1日から7月3日にか…
  5. 三方ヶ原の戦い|高田信玄の勝因と織田・徳川軍の敗因
    三方ヶ原の戦い 徳川・織田軍の敗因 三方ヶ原の戦いとは、1573年に遠江国(現在の静岡県)で起…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    勝兵は鎰を以て銖を称るがごとく 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  2. 孫子の兵法
    上兵は謀を伐つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 …
  3. 孫子の兵法
    孫子の七計 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
  4. 孫子の兵法
    孫子の五事 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
  5. 孫子の兵法
    勝つべからざる者は守なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書で…
ページ上部へ戻る